咬まない犬

 自宅の庭につないでいる犬に、そこの場にその家の者が居ない時に何人もの子供が勝手にやってきて「手を出したら咬まれた」と言われたら、その責任は誰にあるのだろうか?
 それは、飼い主に責任があるという。管理責任の不足という事らしい。犬は、人間に何をされても、大人しくしているように躾けておかなければならないのだ。

 しかも、困った事にその場に犬嫌いの子供がいて大げさに騒ぎ立てる。そんなに犬が嫌いなら近づかなきゃ良いのに、怖いもの見たさで近づいてくる。それを禁止する術も無いから、そのような事故は今後も起こるかもしれない。

 実際には咬まれたという箇所には血も滲んでいなかったし歯形も無かった。本気で咬んだ訳ではないのだ。もし本気で犬が咬んだとしたら、咬まれた場所が血が滲む程度で済むはずは無い。仮にそう成った場合、骨をも砕く口で咬む訳だから、その咬まれた場所は、血だらけ穴だらけなるか、もしくは千切れてしまう事だろう。
 実際、僕自身、近所の犬が僕の飼い犬に吠えた際に、たまたま撫でていた僕の腕に歯が当たっただけで、手首に牙の穴が開いた事が有る。そんな、ちょっとした事故でも穴が開いて血が噴き出すのに、そのような傷はどこにも無かった。

 しかし、よく目を凝らしたら親指の付け根の部分に長さ 2ミリ、幅は0.3mmのシャーペンの芯よりも小さな一本の切り傷があったのだ。その子の指先にできたあかぎれの傷の方がよっぽど大きいくらいなのに。どうやら、咬まれたという子供が、犬の脇腹を撫でようした際に、急に振り向いた犬にびっくりして、引っ込めた手に歯があたったと言うのが事実らしい。
 さらに話を聞くと以前にも咬まれたと言う。その時も大人はその場に誰も居ない。それなのに犬をおもちゃにしようと勝手に自分たちの服をかぶせようとしたり、5〜 6人の子供たちで犬を取り囲んだりしていたという。

 でも、これも実際に有った事なのだが、近所に住む人の話では、僕が出かけている時に 10人程の子供たちがやってきて犬と遊んでいた事が有るらしいのだ。その時にも、犬は興奮したり、怒ったり、吠えたりはしなかったという。本当に大人しい犬たちだねぇと関心していたくらいだから本当の事だろう。
 近所の人が騒ぐ子供の声に気がついて、家から出て様子を見たというから、どれだけ騒がしかったかは想像もつく。人間の方がビックリする位の騒ぎでも、犬の方はおとなしく子供たちにされるがままになっていたという。

 秋田の方は、白くて大きいから目立つ上に、散歩する犬や、見慣れない人に対してだけ吠えて、いつも来る郵便配達の人や、たまに来る宅配便の人、そして子供には全く吠えないから、近所の子供たちの良い遊び道具にされてしまう。子供たちの方は手加減なしだから、子供に慣れていない犬は怯えてしまうのだけど、一方の子どもたちはお構いなしである。
 小さい赤毛のビーグルミックスの方は、子犬の頃から子供に慣れていて全くといっても良いくらい吠えない。近所の人は、その犬が吠えた所を見た事が無いとまで言う。そんな噂が噂を呼び、遠くから子供たちが犬と遊びに来るのだ。

 どのような理由があるにせよ咬まれたら、犬好きの子供ならショックだろうし、犬嫌いなら、なおさらだ。犬は咬むものと公言してはばからないのだから。なら、犬に手を出するなと言いたいのが、どうやら犬嫌いだからよけいに悪戯をしたがる。その気持ちがわからないのだけど、子供なりに、なんとか犬嫌いを克服しようとでもしているのかもしれない。

 本来、犬から人を進んで攻撃する事は絶対に無い。確かに、犬を強く怯えさせたり、悪戯(人とは違う冗談の通じない犬には、からかっているだけでも攻撃されていると感じる)したりすると人に反撃する事はある。それも、悪戯した本人では無く、犬を鎮めようとしたり、たまたまその場に居ただけの人に、興奮して見境の無くなった犬に攻撃される事がある。痛ましい出来事は、事故だからこそ起こりえる。

 本当にわずかでも犬が人を咬んだら、それだけで処分される対象になる。飼い主にも管理能力が問われるし、責任は全て飼い主に有る事に成る。例え敷地内に不法に侵入してきた人間に対しても、犬が人を咬めば、その犬は処分の対象になってしまう。道路に子供が飛び出して事故に遭ったなら、車を運転していた方に責任があるのと同じで、どんなに非が人間の側にあろうとも犬の方が処分の対象になってしまう、それが国内の法律なのだ。

 しかも、近所の人の秋田犬に対する偏見は強い。体が大きいというだけで怖がる人も多い。例え犬好きでも小さい犬しか飼った事が無い人ほど怖がる。その人が飼っている犬が吠える犬なら、よけいに怖がるのも事実。何年かおきに流れる、秋田犬が人を襲ったというテレビニュースが、さらに拍車をかけている。
 実際に秋田犬を飼ってみれば判るけど、体が大きいだけで、なんら他の犬と変わらない。少し臆病だけど、それは用心深さの裏返しである。人が好きで、いつも人と一緒に居る事を強く願う癖に、素直に甘える事が出来ない意地っ張りでもある。なかなか面白い性格をしている。

 秋田犬に限らず、本来なら犬は人を襲う事は無いし咬む事も無い。それこそ吠える事も無いくらいなのだ。それでも、その手の事故が後を絶たないのは、全て人間の方に原因がある。
 実際、殺処分される大半の犬は、飼い主や繁殖家が自ら保健所に持ち込んだり、山や空き地に放置、遺棄された犬なのだ。身勝手な人間に振り回される犬の方こそ、本来の被害者なのだけれども、そうはならない。犬の方こそ迷惑な話だろう。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。