個人的 Camera 購入履歴

 そろそろ趣味ネタが尽きてきました。フイルムとデジカメに分けて、後 1回だな。

 自分にとって初めてのカメラは、父が使っていたオリンパス社製の Pen D と言うハーフカメラ。三人姉弟の末っ子である僕が生まれた直後に、父が初めて買ったカメラだったと言う。だから、まだ生まれたての赤ちゃんの頃から写真が有るのは、兄弟の中では僕だけ。父にとっても初めてのカメラだったので、買ったばかりで物珍しさもあったのか割と頻繁に写真を撮っていたようで、有り難い事に、僕が子供の頃の写真はやたらと多い。

 そのお陰かどうかは判らないけれど、子供の頃から自分のアルバムを見るのが割と好きな方だった。だから自分の写真を撮られるのは好きな方だ。ただカメラを持って写す事の方が多いので相対的に自分の写った写真は少ない。できるだけ写真を撮ってもらう様に、周りにお願いはしているけれど。デジカメになってプリントする機会が減ったので写真をもらえる事は少ない。だからと言って画像データをもらえる事は、もっと少ない。単に面倒くさいってのが理由らしいけど。

 このカメラで、写真の基本的なイロハを学んだと思う。ハーフカメラだった事も有り、普通に撮影すると縦位置の写真になってしまうため、意図的に横向きにしなければ、他のカメラと同じ様な写真を撮る事はできなかったこともあってか、撮影時の構図を考えたり、露出計を読み取って、自分でダイアルを設定する構造的な事も有り、自然光や室内の光から、体験的に露出値を意識したり、シャッタースピードと絞りの関係を具体的に学べた。また 1本のフィルムで 2倍の写真を撮る事が可能ということで、お小遣いの少ない高校生の身でも、写真を撮る事は、とても楽しい事である事を教えてくれたカメラである。

 自分専用のカメラとして、大学入学祝いに買ってもらったのがリコー社製の XR500 という一眼レフカメラ。当時、39,800円 という価格は、その頃に売られていた一般的なコンパクトカメラに比べても驚異的に安く、高校生の頃に写真クラブに所属していた僕は、その当時からの一眼レフへの憧れもあり、ラジカセとカメラのどちらか一方を選べと言われて、迷わずこの XR500 を買ってもらったのだ。
 沖縄での学生生活 4年間。このカメラは、どこに行くにも持って行った。嘉手納基地に行ってアメリカ軍の戦闘機を撮りたいがために望遠レンズを買った。倍率が足りなかった為に ×2テレコンバーターも買った。クラブ活動の写真を撮る為にストロボ、レリーズ、三脚も買った。沖縄の風景が撮りたくて、広角レンズも買った。何度か海にも持って行ったけど、さすがに水中カメラとしては使えなかった。もしアタッチメントがあれば買っていたかもしれない。

 社会人になり、初任給以外で初めてもらった寸志で買ったオリンパス社製の AF-1 という生活防水仕様のコンパクトカメラ。「濡れてもピカソ」がキャッチコピーだったと思う。当時の機種としては内蔵ストロボのチャージが素晴らしく早かった。
 就職時に、赴任先が決まるまでに何度か引っ越しすることが判っていたので、 学生時代に買いそろえた XR500 とその交換レンズ、広角、望遠ズーム、テレコンバータやストロボ等の小物類も含めた一式を実家に置いてきた。
 それもあって、とにかく手軽に撮れる防水仕様のコンパクトカメラが欲しかった。このカメラは、特にスキーシーズンでは重宝した。電源スイッチ連動スライド式のレンズバリアのお陰でケースが不要だったし、スライドを開けてシャッターを押すだけで簡単に撮影出来る気軽さが良かった。人にお願いする際も気楽に頼む事が出来た。
 一度だけ、保証期間が切れる直前にシャッターが降りなくなるという障害が発生したけど、ぎりぎりで保証期間で修理してもらった。その後 5年程で電池交換のために 1回メーカに送り返した。このカメラは自分でバッテリー交換ができない仕様だったのだ。それ以外では問題も無く、購入してから約 10年もの間、ほとんど故障知らずで使い続けた。

 社会人になって 2年目の夏に沖縄に旅行する計画を立てた。卒業前に行くつもりで計画していたが実現しなかった石垣島に、どうしても行きたかったから。
 残念な事に、実家に置いていたカメラにはレンズにカビが生えていたため、旅行に行く前に新しいカメラを買う事に決めた。その時に買ったのがニコン社製フル・マニュアルカメラの New FM2 である。購入時に、ボディと標準ー望遠ズームレンズを組み合わせ、スクリーンを補助線入りの全面マットに交換してもらった。
 ニコンにしたのは、大阪に住んでいた義理の兄が、ニコン社製の EM という機種を使っていたから。僕の中に、もしかしたらレンズを共有できるかもしれないという頭があった。
 オートフォーカス・カメラが出現するのは、もう少し後の事。ミノルタ社製の α が、その先鞭を切ったけど、そういった機種を僕が買う事は無かった。構図、ピント、絞り、シャッタースピード、それら全てを自分で調整して決める事が写真を撮る醍醐味だと、そうずっと信じていたからでもある。

 結婚した時、新婚旅行に持って行くカメラとして買った。旭ペンタックス社製の Espio110 というコンパクトカメラ。当時、メカ音痴の嫁さんにでも気軽に使えるカメラが欲しかった。標準でリモコンが付いていたのも購入を決定づけた。オリンパスの AF-1 が 2度目のバッテリー切れで使えなくなっていたのもあって、それを下取りに出して割引してもらって購入。
 38mm 〜 110mm のズームとオートフォーカス。露出も全てオート。電源スイッチを入れたら、オートズームレバーでレンズを動かして構図を決定したら、シャッターボタンを押すだけで簡単に撮影が出来る全自動。本当にお気楽なカメラだった。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。