iPod 用ヘッドフォン

 丁度 3ヶ月位前に iPod 用のインナーフォンを新調した。以前から使っていた物が壊れた訳では無いのだが、ここ最近、このインナーフォンを、あまり長い事つけて聴いていると耳が痛くなってきたからだ。
 以前から使っていたのは、パイオニア社製の「SE-CL20-J3」というカナル型のインナーフォン。でもって、新しく買ったのは JVC社製の「HA-FXC51-R」という、同じくカナル型のインナーフォン。これが思っていた以上に、なかなか快適なのである。

 正直な所、僕の耳はあまり良くない。普通でも高い音と低い音はよく聞こえていないらしい。一応、ある程度大きくなれば聞こえるらしいけれども、耳の検査をするとグラフが極端なV字に折れ曲がっている。小さい頃から育った環境のお陰で、大きい音にはさほど苦痛を感じないけれども、小さな音はほとんど聞こえていない。幸いなことに囁き声が聞こえないってことは、悪口や噂話も聞こえない事なんで、それはそれで幸せだからいいんだけども。

 僕には、ヘッドフォンやインナーフォン、スピーカも、音がどうのこうのという資格は無い。聞こえないんだから仕方ない。はっきりいって違いがほとんど判らない。評価記事で書かれている様な、わずかな音質の違い等を聞き分ける事ができないのだ。ただ、音が来る方向に関してははっきりと判るから、楽器がどっから鳴ってる様に聞こえるとか、ステレオやサラウンドとか、音場の再現とかなら体験することはできるけどね。そんなの所詮、サラウンドアンプの合成音だしね。スピーカそのものの評価ってのは、残念ながら出来ない。

 自分にとって、やはり「好み」ってのはある。付けごこちが自然で、音が不自然にシャカシャカと高音が響いたり、ボンボンと不自然に強調された低音が響くのは好きじゃない。あくまでも自然に、どこかで BGM がなっているのが聞こえてくる程度で十分だったりする。これは、あくまでも僕の好みであって、主観的な観念だ。ってことで、音に関しては僕には客観的な評価は出来ない。

 そういった主観的な好みから、割と長い時間(3〜4時間)「犬の一緒に山歩き」とか「家や部屋の掃除」とかをしながら聴き続けてて、快適か快適でないか、ってのが、僕の判断基準になる。まわりの音も自然に聞こえていて、なおかつ耳の負担にならないくらいの軽くて小さくて、ちょっと動き回ったくらいでは取れなくて、身につけている事さえ忘れてしまうくらい自然な感じのヘッドフォンが、僕に取っては「良い」ヘッドッフォン、インナーフォンって事になる訳で JVC社製の「HA-FXC51-R」は負担にもならず、とっても快適だったのだ。

 iPod に標準で付いているヘッドフォンは、残念ながら僕の耳の大きさにあわず、ちょっと動くだけでもすぐに取れてしまってマトモに使えない。だからムービにあるような激しいダンスなんて論外だったのだ。
 だからといって、当時は1万円以上も出さなければ買えなかったカナル型インナーフォン等は高値の花だったし、正直な所、密閉型のモニター用ヘッドフォンならいざ知らず、ちゃっちいインナーフォン程度に、そんなに支払いたいとは思わなかったってのが本音でもある。どうせ、宣伝文句で書かれているような音の違い等、僕に判る筈も無くって、違いが判らないから、安いのでも十分だって事でね。

 それからは、例え iPod を購入しても標準添付品の袋は開けないで、以前から使っていたインイヤー式のヘッドフォンを使う様になっていた。手元には、それまでにも数台を使い潰してきたカセットテープ式のウィークマンを使っていた頃に買ったインイヤーがあったからだ。
 もちろん買ったウォークマンにもインイヤーのヘッドフォンは付いてきたけれど、その殆どが使用中に、付け根の所や、分岐した所から断線したりしてウォークマン本体よりも先に壊れた。だから、今でも残っているのは、このアイワ社製のとオーディオ・テクニカ社製の 2つしかない。まぁ、ぶんちゃけ。使っててそれほど快適でもなかったので、あまり使わなかったから最後まで残ったってのもあるのかも知れないが。実際、どれもこれも似たり寄ったりで、ならわざわざ買った物を先に使う事は無い。もったいないしぃっていう、僕の悪い癖がでただけなんだけど。
 それでも iPod に付いて来た物と比べて、スピーカ部分が僅かに小型だった事も有り、僕にとって幾分マシだったっと言う、その程度だった。

 しばらくしてから iPod 用に、MD 用に買ってたソニー社製のインナーフォンと、CD 用に買ってたパナソニック社製のインナーフォンを使っていた。パナソニック社製の方が先に線が切れて壊れた。その時に箱も処分したので型番は覚えていない。結果的に、パナソニック社製の方が気に入って、よく使っていたと言う事なのだろう。ソニー社製のインナーフォンは、マイクロプラグというソニーお家芸の独自仕様だったため、実質的にはソニー社製の MD ウォークマン専用になってしまってて、短いコードでは使い回しが出来ずに放置していた。使いごこちは悪くはなかったとは思うけれど、延長コードを使わないと使えないのが不便で、いつしか使わなくなって、そのまま忘れた。きっとどこかの引き出しの中に転がっているだろう。MD の方は、専用バッテリーが充電も出来なくなって使えなくなって、そのまま。たぶん既に処分したんだと思う。
 で、なんだかんだで最後まで残ったのが、この二つだったってこと。でも iPod を胸ポケットに入れて使うには結局コードが長過ぎて使い辛いから、新しくパイオニア社製を買ったんだけどね。

 もっとも JVC社製の「HA-FXC51-R」にも延長コードが無く、長いコードのままだ。胸ポケットに iPod を入れると長いコードが邪魔になる。Gパンのポケットやベルトに付けるとちょうど良いので、最近はもっぱら、そっちに付けている。時期的にも Tシャツやトレーナーを着る機会が多くなって、入れる胸ポケットが無いって実情も有るけれど。襟にクリップで留めると、コードのタッチノイズが気にならなくなるし、なによりインナーフォンを外しても襟元から下に落ちないのが便利だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。