米一粒づつ日が短くなる


 昔の人は言いました。「夏至が過ぎると、米一粒づつ日が短くなるよ」って。本当かなって思ったけど、ご近所で犬友達のオバアちゃんが言う事だから、とりあえず本当って事にしておこう。

 で、近所の田んぼを見てみれば、既に稲穂が出ていて「米の花」が咲いていました。は、はや…

 そりゃあ、日本一早いと言われる「早場米」ですから。宮崎や鹿児島など南九州地方では、お盆の前には「新米」が出揃い「お中元」として一般家庭に出回ります。「新茶」「新米」と、旬の先取りというのか、早いものこそ喜ばれるというか… ま、確かに「初物」として、もらえれば嬉しいんですけどね。

 今日は、昨日に引き続き、めちゃくちゃ良い天気になりました。当然、ものすご〜く暑くなりました。明日迄は天気は良さそうです。週末は台風の影響で、だんだんと悪くなりそうです。
 でもって、今朝の少しでも涼しいうちに、庭の雑草を苅りました。切れの悪い鎌で足の親指の先をちょっとばかりザクッと切りました。今も、ちょっとばかり痛い…

 当然、天気の良いうちに小町を洗いました。先週から、小町の冬の抜け毛を一生懸命取っていました。最初の内は、小町はブラッシングを嫌がって逃げ回り、ちっとも大人しくしてなかったのですが、何日も繰り返す内に、だんだん気持ちが良くなって来たのか、それとも諦めたのか?
 おそらく、毎日少しづつ身体が涼しくなってくるのが判るのでしょう、段々ジッとしている様になりました。

 アリスの様に、身体を洗う間も大人しく、されるがままになってくれれば完璧なのですが、まだ、その域になるには、しばらくかかりそうです。

 小町の身体を洗ったのは4月の頭ですから、約2ヶ月ぶりです。前に洗った後は、僕が風邪引いて3日間寝込みましたから… 
 当然、梅雨で雨が続くと、小町の大きな身体では乾きません。アリスだと半日で乾くので、かなり気軽に洗えるのですけどね。小町の身体を洗うには、天気予報とにらめっこして、今日/明日と二日間の予報が確実に晴天の時に決行します。
 実際には、前もってブラッシングしておかなくちゃいけないので、少なくとも前の日から準備しなくちゃいけないんですけど。でもって、予報で言うと明日/明後日が晴天の場合に決行することになるのです。

 しかし、冬毛をすっかり落として身体を洗った後は、小町にしても気持ちが良いのでしょう。なにやら「得意気」に見えるのは気のせいでしょうかねぇ?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。