今更?自動巻の腕時計

 半世紀という節目の誕生日記念に、自動巻の腕時計を買った。わずか 2年前にソーラー式の電波腕時計を買ったばかりだというのに。取り扱い説明書を見なくては時刻合わせも出来ない時計に嫌気が差したというのが本音なんだけど。アマゾンから購入。

 買ったのは中国製のセイコー商品。importの SNK357KCと言う、通称セイコー5とも呼ばれているシリーズだ。丁度、僕が学生の頃に使っていたセイコー5アクタスに雰囲気が似ている。ちょっと懐かしい。

 日本セイコーの技術で中国で生産されている商品だという。国内製品はクオーツ、電波時計、ソーラー、運動エネルギーを電気に変えるスプリングドライブ等々の新技術で、昔ながらの機械式の自動巻は全て国外で生産しているのだという。
 もはや事実上、日本国内製の時計は高級品&高信頼の代名詞になってしまっているのだ。それ自体自慢出来ることで、素晴らしく良い事なんだけどね。なんとなく寂しく感じるのは僕が年をとったから?

 精度はクオーツに比べるべくも無く平均日差±45秒という値だけど、実際に毎日そんなに狂う訳でもない。普段から秒単位の生活をしている訳じゃないんで機械式でも十分なんだけど。買ってから一度も説明書を開いていないけれど、一通りの操作が出来て時刻を正しく合わせられたから、もうそれで十分なんだよ。

 バンド調節が自分では難しいので、近所の量販店に行って頼んだ。調整料は 750円だったから工具を買って自分でするよりも安くついたのだが、丁度、その店でも「広告の品」売り出し中で同シリーズの時計が出ていた。バンド調節も含め、実店舗で買った方が安かったと言う事だ。失敗したなぁ。まぁ、時にはこんな事もあるさ。
 置いてあったのは、どれも僕好みのデザインじゃ無かったのが救いかな… (^-^;) それにしても自動巻の腕時計が、新品で 5,000円を切る価格で買えるとは、ある意味とんでも無い時代だよね。僕らの学生の頃は、そんな価格のは中古品じゃないと手に入らなかったし。

 だいたい時刻合わせが不要だというので電波時計を買ったはずなのに、デジタル表示部分の時刻は正しいのに、肝心のアナログ部分がしょっちゅう狂う。この 2年間で 4回も時刻合わせをした。

 普段は身につけないからソーラーを買ったのに、時計表示が狂ってしまっては時計の意味が無い。
 使わない時は窓際においてあり、十分に太陽の光をあびている時には全く狂う事が無いのに、身につけて 2〜3日も使っているとアナログ部分だけが狂う。
 そして、この時計はボタンしか無いので説明書をちゃんと読まなくちゃ時刻合わせが出来ない。なので説明書を読まないでも自分で気がついた時に調節出来る腕時計が欲しくなった訳なのだ。

 そもそも 2年前にソーラーを買ったのは電池交換が不要だから。それ以前には毎年きちんと店に行って電池交換していたけど、それが面倒になった。それと同じ理由で自動巻の時計にしたって訳。
 自動巻の時計は毎日身につけていなければ、直ぐに針は止まってしまう。おまけに毎日身につけて使えば傷だらけになるけれど、まぁ安い時計だから良いかなぁと。

 だいたい 4〜5年は問題なく動くはず。ぶつけるとか、落とすとか、踏みつぶすとかの大きな事故でもなければオーバーホールの分解修理しなくても 10年くらいは大丈夫。これが日本製なら、自信を持って太鼓判押せるけど中国製だから一抹の不安があるけど…
 おそらくオーバーホールの修理代の方が高く付く。もし 10年も故障無しで使えたなら十分元は取れている。その頃に同じくらいの値段だったら新しく買い直すか、あるいは愛着が湧いて修理するか…

 2種類の時計の文字盤の色を、白と黒(ネイビーに近いような気がするけど)にしたのは、時々時計を取り替えたときの雰囲気を変えるため。ゴテゴテと自己主張の激しい時計は好きじゃない。
 本当は、腕に張り付く様な薄くて軽い時計が大好きなんだけど、腕時計など時間さえ確認できれば良いと考える自分にとって値段が高い。そんな自分だから腕時計に 30,000円以上も支払う必要性が判ら無い。

 今は学生の頃の様にいつも時間を確認しなきゃならない様な生活をしていない。外出して指導してる様な、時間確認をするのが必要となる作業をしている時だけ身につければ良いかなと思っているので、基本的にさりげないデザインを持つシンプルなアナログ式腕時計が好き。
 これを機に現状の毎日が日曜日状態、時間に怠惰な生活から抜け出して、ちゃんと自己管理しなくっちゃ脳みそが溶けてしまうかも知れない。もうちょっと位は、時間を気にする様なメリハリのある生活をしなくっちゃね。

広告

2 Responses to 今更?自動巻の腕時計

  1. ピンバック: 1年と半年で壊れる中国品質って一体… | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: 久々に手首に腕時計をはめた | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。