犬用の「フィラリア」対策

 夏になると大嫌な蚊が出てくる。蚊が好きだという人がいるとは思えないけれど、こいつが犬にとっては油断のならない厄介者なのだ。この蚊という奴は、一般的に「フィラリア」と呼ばれている、主に犬の心臓に寄生する犬糸状虫を媒介するとんでもない奴らなのだ。

 フィラリアは蚊にさされた時点で体内に入り込むから予防することはできない。毎日「蚊取り線香」を焚いたとしても絶対に犬が蚊に刺されない様にするなんてどだい無理なのだ。そこで体内に入り込んだ「犬糸状虫」の幼体である「ミクロフィラリア」を駆除するために飲ませる薬を定期的に投与する必要が出て来る。

 以前、獣医さんに聞いた所、犬の体内に入り込んだ「ミクロフィラリア」は、およそ 2ヶ月をかけて心臓に移動し、そこに寄生して成虫になるまで大きくなるのだそうな。つまり「血管内を移動」中に全て殺してしまえば血管を詰まらせる危険を侵さずに体外に排出することが可能で、それにより成虫に寄生されることは無くなる。蚊に刺された後 2ヶ月以内に殺虫薬を飲ませれば大丈夫ということになる。
 定期的に投薬する必要があるというのは、蚊が出現しなくなって 1ヶ月後までと言う事になるので、宮崎県下の海岸部周辺では 5〜12月までの 8ヶ月間は最低でも投薬を続ける必要が有る。

 万が一心臓に寄生してしまったらアウトだ。「ミクロフィラリア」を殺す薬は成虫には効き目が無い。仮に心臓に寄生してしまった成虫を殺せたとしても、死んだ個体が血管を塞ぐ恐れがあるので、薬で成虫を殺す訳にはいかない。最悪の場合、外科手術で取り出すことになるが、それはすなわち心臓を切開する事になるのだから、結果どんなことになるかは想像にお任せする。

 ある意味において寄生虫は宿主を殺してしまう事はめったにない訳だから、もし寄生されてしまったなら「フィラリア」と同居するしかない。心臓に余計な物が住み着いてしまっているので、当然ながら心臓の働きが悪くなる。運動やストレス等、心臓に負担のかかる刺激を飼犬に与えては行けない事になる訳だ。
 おまけに発病してしまった宿主である飼犬は「フィラリア」のキャリアになってしまったことは間違いない訳で、飼犬が蚊に刺される度に、隣近所の犬達に「フィラリア」を伝染させていることも自覚しておいて欲しい。

 しかし、この錠剤が結構高い。比較的安いと言われている近所の獣医さんの所でも 1粒が、小・中型犬用で 600円、大型犬用で 1,000円もする。(犬が好んでオヤツ代わりに食べるものだと 1個が 1,000円と 1,600円になる)それぞれに 8ヶ月分必要なので合計 12,800円と言う事になる。これが毎年なのだ。当然、狂犬病予防接種と5種混合ワクチンも必要なのだから、できれば安くで済ませたい。
 ただし金銭的に負担だからと止めたがためにフィラリアに寄生されてしまったら、元も子もなくなるので駆除薬を止める訳にはいかない。なので、少しでも負担を減らしたいがために、インターネットを調べて、自己責任というリスクは負う事になるが個人輸入代行で薬を手に入れる事にした。

 既に今年の分は、春に獣医さんの所で分けてもらっているので、購入した薬は来年からの分となる。これ迄は冬の間を投薬してこなかったから、来年からは1年間を通して投薬できる。大型犬用の 1匹分の金額で 2匹分の1年分があらかじめ準備出来た事を考えると、お世話になっている近所の獣医さんには本当に申し訳ないけれど背に腹は代えられない。予防接種とワクチン接種には必ず行くので、それでこらえてください。

広告

One Response to 犬用の「フィラリア」対策

  1. ピンバック: コストの話をしよう (医療費) « 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。