キャンドルランタンその後

 「キャンドルランタン試用記」その後の話です。本体に最初から付属していたロウソクを使い、溶けた蝋がこぼれない程度まで使ってみました。折角だから火が消える迄とも考えましたが、後の掃除の事を考えたら、あまりに面倒だと思い直してロウソクの残り 1cm程度まで使って火を消しました。
 付属していたロウソクの芯は十分に残っており、おそらく火が消える迄使っていたら溶けきったロウソクがバネ部分に流れ出て後始末が大変だったと予想できます。まぁ掃除するって言っても、蝋の溶ける70度のお湯の中で洗えば良いんですけどね。
 試用した結果、付属のロウソクは、その火が消える迄は使っちゃ駄目ってことですね。面倒でも、のぞき穴からロウソクが見えなくなったら適当な所で火を消さなければ面倒になるよって事です。

この投稿の続きを読む

広告