麦茶くらい作ろうよ。


 先日、ちょっとビックリした出来事があった。僕自身は何とも思っていなかったのだが、500ml のペットボトルに自分で作った麦茶を入れて飲んでいたら、近所の人に怪訝な顔をされたのだ。
 自分で湧かした奴だと言えば「それは手間かかるから面倒ですね、大変でしょう。」と言われたのだが、ちょっとまて! 仮にも相手は専業主婦だぜ? それは無いだろうと思った訳だ。否、口には出さなかったけどさ…

 ここんところ毎朝、およそ 2リットルのお湯を沸かして、コーヒーと麦茶を作ってる。一部は、その時にモーニングコーヒーとして 2杯程飲んで、残りを魔法瓶タイプのボトルに入れておくから、半日は暖かいコーヒーを飲める。大体 1.3リットル分を麦茶にしている勘定だ。
 約 2分間弱火で煮出して、火を止めて放置し粗熱をとったら、ヤカンごとどっぷり水の中に浸け、回りの水に氷を入れる。その氷が全部融けた頃に 1.5リットル入りのペットボトルに詰め替えて冷蔵庫で冷やす。翌朝にはキンキンに冷えた麦茶が出来上がっているてぇ寸法だ。それを飲み易い様に 500ml に小分けしているだけだ。別に、それが手間だとは思いもしなかったけどねぇ。

 一応、麦茶パックは「煮出し/水出し兼用」なんだけど、宮崎市内の水道水って言っても一応この時期なんで、一回は煮沸した方が安心でしょっていう、自分の主観的な都合もある。煮出し専用の麦茶パックってのも最近はとんと見た事が無いねぇ。どっちかってぇと煮出し専用の方が香ばしくって好きなんだけども。
 それにしても、いつの頃から「麦茶」は家庭で作る物じゃなくて、買ってくる物になってしまっていたのね。まぁ「水」も買ってくる時代になってしまっているし、今ではこれが普通の事なのだろうか。この感覚には、まだまだ慣れそうもないなぁ。

 缶コーヒ 3本分。ペットボトル 2本分。材料費を差し引いて 1日で 500円分、タバコ一箱程度の節約って考えたら、確かに買った方が早いって思うのも判らないでも無いけどねぇ。それでも塵も積もればなんとやらで、ひと夏 3ヶ月 90日中 70日間と考えたら、およそ 500 × 70 = 35,000 円の節約になるんだよ?
 検算してみよう。材料費はコーヒ豆と麦茶パックで 3,000円 かかっていないけど、水道光熱費を考慮して 3ヶ月分で 6,000円だと仮定しよう。いずれも自動販売機で購入したと仮定して (110×3+130×2) × 70 – 6,000 だから 3ヶ月分での差し引き 35,300円の節約。これって大きく無いですか? 別に大した事無い? そうですか。(>,<)

広告

One Response to 麦茶くらい作ろうよ。

  1. ピンバック: 気楽な節電 « 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。