予算 210円の迷子カプセル。


 飼犬に迷子札は必要だと思うけれど、飼主の連絡先を常時人目にさらすのは抵抗が有るという方もいるかもしれない。そんな風に考える人には「迷子カプセル」はどうだろう。飼主の連絡先をカプセルに入れて飼犬に身に着けさせるのだ。連絡先はカプセルの中だから、必要な時に開けて見てもらえれば目的は達する訳だ。
 近所の 100円ショップでカプセルの代わりになりそうな丁度良い物を見つけた。ちょっとだけ手を加える、っていうか、もうほとんどそのまんまで使う。製品の使用目的を完全に無視して、全く別の目的に使っちゃう。2頭分で 210円。1頭ならわずか 105円。首輪に着けるリングも付いてのお値段である。お得だよねぇ。

 買って来た LEDライトは、飼犬の首に負担にならないようにプラスチック製の軽いもの。同じ様な製品でアルミ製もあったけれど、ここはデザインよりも飼犬優先で。色は 3色の中から選べたから好きにして。
 買って来た LEDライトを分解し単に中の LEDと電池とバネを取り出して、代わりに「飼犬の名前」「飼主の連絡先」を記入したメモを入れて蓋をしたら、最初から付いているリングを利用して首輪にぶら下げるだけ。

 単にメモを入れるケースとして使うだけなので壊してしまっては元も子もない。だから短く切ったりはしない。元々の製品が防水仕様にはなっていないので雨に濡れたら水がしみ込む可能性はある。よっぽどの土砂降りじゃないかぎり心配することも無いと思うけれど。
 水ぬれには中に入れるメモの方で対応することにする。水に濡れても別に支障は無いように、紙では無くビニールにマジックで書いて入れておけば良い。使用したのは A4サイズの書類を挟んでおける「クリアファイル」の端っこ。以前にイベントで配布していた物があったので、それを適当な大きさに切って使用した。

 レンズ部分を接着剤で付けておく方が浸水を防げるかもしれないが、水抜きの効果を期待して今回は接着しない。本体は ABS樹脂なので性質としては紫外線には弱い。長いこと直射日光に当たらない様に注意する必要はあるが、はっきりいって耐久性は無いものと考えて、年数劣化を考慮して置いて欲しい。
 まぁ 1〜3年もてば、かなり良い線ではないだろうか。劣化するのが嫌ならアルミ製を購入して利用すればいい。もっとも犬自身が日向を避けて陰に入るし、ある程度は犬の躰の影になるだろうから気にするほどもなく、直射日光に晒される時間は短いと思う。ただし、犬が地面に伏せた時は直に付くから、スリ傷だらけにはなるのは避けられないだろう。

それぞれアリスと小町の首輪に取り付けてみた。
 小町には丁度良いけどアリスには大きいかな?

 少々大きく見え、色の関係もあって重そうに見えるカプセル本体だけれども、実際の重量は金具込みでも 10gに満たないほど軽い事もあって、小型犬に限りなく近い体格を持つ中型犬の「ありす」にも特に負担になってはいない様子である。
 逆に小さすぎるとアクセサリーと勘違いされて「迷子カプセル」と気づいてもらえない可能性もあるし、気がついた人が中のメモを取り出そうとした時に取り出し難いことにもなりかねない。手で掴んで取り扱うには、これぐらいの大きさがあった方が扱い易い様な気もする。

広告

One Response to 予算 210円の迷子カプセル。

  1. ピンバック: アルミ製の迷子カプセル « 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。