ジョブズ。今迄ありがとう。

 スティーブ・ジョブズ氏がApple CEOを引退するというニュースが駆け巡って丸 2日が明けて、少しは落ち着いて考えられる様になったかな。もっとも 25日はずっと朝から外出してて、ニュースを知ったのも夕べの遅くだったのだけれども。
 ニュースを知った時は既に 1日半が過ぎていて、あちっこっちでジョブスの特集が組まれていた。どこぞの総理が辞任を表明したらしいが記事の扱いが違いすぎて笑ってしまったよ。

 インターネットの上では、総理の辞職よりも遥かに重大な出来事だったということなのだろうけど。まぁ、引き際は大事だよね。今回のジョブズも、プレゼンの様にあまりに鮮やかな幕引きのような気がする。どこぞの総理も、ぐだぐだしてなければ、もうちっと好意的な意見もあっただろうけど幕引きを誤ると醜いだけだわな。

 で、あちこちで特集されている記事は、余りにも多すぎて、さすがに全てに目を通すなんて暇も時間も無かったんだけど。僕も Apple製品が好きで、これまでも使って来た身としては、一応この偉大な人物に敬意を表して少しだけ思う事をメモしておこうと思う。

  学生の頃から、これまでの約 30年間、工学部の 2年の頃に Apple][に魅せられ、社会人になって Macが欲しかったけれども手が出せず、その後どうにか手を出せる様になってから、これまで仕事やプライベートで使って来た Classic, ][ si, ][cx, PowerBook, Performa, iMac, iBook, eMac, iPod, iPhone と共に、生活に数多くの楽しみを与えてくれて「本当にありがとうございました」という言葉しか浮かばなかった。

 でも、なんで今なんだろう、って思ったのも事実。

 多分、想像するに来月の 9月に予定されているであろう iPod の新作発表から年末にかけて予定されている数多くの新製品の話題を、ジョブズが倒れたとかいう話題で曇らせないための配慮かなって思ったわけだ。
 ジョブズがまだ「目の黒いうち」に後継者に席を譲り、アップルという会社は彼がいなくても大丈夫であるという印象を持たせて、自ら陣頭指揮をした数多くの新製品で花道を飾り、アンコールの鳴り止まないうちにさっそうと表舞台から姿を消す。計算づくでね。

 以前から病気が思わしく無いのではとささやかれて、彼の健康状態を心配する輩に寄ってアップル社の株価が上下する状態を熟知してたからこそ、自分に進退には特に気を使って来ただろう。いつかは仕事ができなくなる日が来るけれど、それが彼が病で倒れてしまう、その日であってはならない。そう、彼自身は気を配って来たのではないかな? と。

 鮮やかだよねぇ。まるで、これまで彼が自ら行って来た数々のプレゼンテーションみたいだよ。彼は、既に生きた伝説だったけど、さらに高みに登って、これで正真正銘の「神様」になってしまったのかもしれないなぁ。

 いずれにせよ見事です。ありがとうございました。お体を大切に、末永くお幸せにお過ごしください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。