そうだ。タイヤを替えよう。


 車のタイヤを交換しようと思う。今月末に、ちょっと阿蘇の外輪山まで行くんで、家も少ない山道を夜中に走るのにタイヤが心もとないと怖くて走れないから。高千穂から阿蘇、カルデラにいったん降りて、また登る。舗装はされているけれどクネクネの山道だからなぁ。

 車を買い変えて、まだ半年も経たない頃。同じ月にタイヤを 2本パンク(正確にはタイヤのサイドが裂けてしまったのでパンクとは言わないらしい)させて、結局 4本全部を交換しているので 5年以上は使っている。
 まだ辛うじて溝は残っているけれど、タイヤゴムの劣化に伴いサイド部分のひび割れが目立ち始めている。スリップサインが見えてからなんて言ってると、前の車の時みたいに急になんでも無い道でスリップして横っ腹をブツけてしまう危険性も出てくる。(前のは4駆だったんで、リアタイヤにトラクションがかかった時にスリップした)

 幸いな事に先日、臨時の仕事が飛び込んで来て、それがタイヤ代位にはなりそうなので、これは神様の「タイヤを交換しなさい」というお告げに違いない。っていうことで、素直にタイヤを 4本とも交換することにした。
 日頃からお世話になっている近所のディーラへ担当営業の方に電話して見積もりを依頼したら、近所のオートバックとかと大して変わらない金額だった。十分予算内で収まったので二つ返事で依頼することに。

 義理と人情と、金額を計りにかけてみて、今回は義理と人情の方が少し重かった。もう少し金額が高かったらオートバックスに転んでいたかも知れないけれど、最近はオートバックスでもタイヤ交換は、以前ほど安くもないからねぇ。タイヤも高くなったものだ。否、安くなってんだけどね実際には。
 僕が初めて車を買った頃は扁平率 65なんてタイヤは高級タイヤかスポーツタイヤだったのに、今じゃ普通の車のタイヤになっているものね。それが今じゃ「時代はエコタイヤ」なんだよな。

 他にも、当時はまだ主流だったスパイクタイヤは既に「死語」になって駆逐されちゃった。今では完全にスタッドレスタイヤに置き換わってしまったし、一方、本当の意味での「オールシーズン・タイヤ」なんてものも出来始めている様子だから、そのうちに取って代わるかもしれないね。(国内じゃあまり聞かないけどさ)
 これまで僕が生きて来た半世紀って時間に流れは、実はとんでもない技術の進歩の激流の時代なのかもしれないしね。後の半世紀も、目が離せないわくわくした時間の流れかも知れないな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。