コストの話をしよう(消耗品)

 犬も「タダ」じゃ飼えない。飼育にかかる負担が家庭財政を圧迫すれば飼い続ける事は困難になるのだ。
 これから犬を飼い始める人への参考になるかもしれないから、現在、ほぼ無収入である自分への自戒も込めて、犬を寿命まで飼い続ける間にかかるコストの話をしよう。

 3回目では、犬の成長や年数劣化によって定期的に買い替えを余儀なくされる、リードや首輪、食器類も耐久消費財に当たるだろうから、それらについて述べようと思う。
 ただし、一応、先に断っておくが、これから述べる事は、あくまでも宮崎市内に住んでいる我家の一例である。住んでいる地域に因ってはかかるコストは変わってくることを、予め了承しておいて欲しい。

この投稿の続きを読む