喜ぶ事をしたい。

 人と犬は直接言葉を交わすことが出来ない分、お互いを注意深く観察して、相手が何を思っているのか、なんとなく理解する。完璧に意思疎通が出来る訳ではないが、何を思っているのかが判ったときは嬉しい。
 犬は、同居人の表情に特に注意を払っている。何をして欲しいのか、何をすれば喜ぶのか、表情や仕草から推測する。そして、同居人が喜ぶには何をすれば良いだろうかと、四六時中をいう訳では無いにしろ考えてくれている様子なのだ。

 犬は、同居人だけに限らず人間の表情を読む事が実に上手だ。嬉しい時は一緒に飛び跳ねて体いっぱい使って喜びを表現し、悲しい時は何も言わないでそっと傍らに寄り添ってくれる。自分は今、一人暮らしをしているけれど、たった一人で世の中を生きている訳では無いと実感できる瞬間でもある。
 「献身」の「献」に字の中に、犬が寄り添っているという事は、一体どれほどの昔から犬は人の側で寄り添っていてくれたのだろかと、心から感謝しないではいられない。

 同居人に対して、犬自身が何をした時に一番喜んで、何をした時に怒ったのか、そして何があった時に悲しんだのか、実によく記憶している。もちろん同居人にそれほどまでに注意をと払うという事は、それ以前に同居人と一緒にいれば、日々餓える心配が無いという条件があるのだが。
 餓えていなければ、犬はいつの時も機嫌がいい。犬だけでなく他の動物だって誰だって、もちろん人間だって腹が減っていれば不機嫌で、満腹になった機嫌がよくなるのが普通だろうから、一概に犬だけの性質って訳でもないんだけれど。

 今の瞬間、腹が満ちて餓えていないのであれば「退屈を紛らわせる」為に「遊んでいたい」と考えるのは、犬も人間も同じではないだろうか。
 感謝の気持ちも込めて? 同居人、すなわちチームのリーダーの喜ぶ事をして、機嫌を損ねない様に一緒に遊びたいと考えているのかも知れない。

 将来の事を予測する事は出来ないけれど「今、何をすれば、同居人は嬉しい顔をするだろうか?」と言う事は、よく考えている様な気がする。それにも「やってる自分も楽しい事」という前提条件があるようだけど。
 犬が、それまで経験してきた過去の記憶と、遺伝子の中の記憶までもをフル動員させて「どうすれば自分が幸せな気持ちになれるだろうか?」「自分が幸せな気持ちになると同時に同居人の機嫌も良くなればいいなぁ」と考えているような気がするだけで、本当に何を考えているのかは知らないけれどね。

 飼犬の訓練(躾)には、犬自身が持つこの素晴らしい性質が利用出来る。訓練する人は(できれば同居人である事が望ましいのだが)犬が、何をすれば喜んで、何をすれば残念だと思うのか、犬自身に考えさせて、覚えさせる事が重要なのだ。
 訓練が上手に出来れば共に「喜び」出来なければ単に「残念に思う」だけ。犬が出来なかったからと「怒る」必要もないので一緒に訓練する方はストレスを感じる事はない。共に訓練する相手がストレスを感じていないのであれば、犬の方もストレスを感じ無い。訓練を「遊び」としてお互いに「気楽に楽しむ」事が出来るのだ。

 訓練者が喜ぶ事が出来た時、犬は本当に体中をくねらせて喜ぶ。体罰を完全否定する訳ではないが(時には体罰も必要であると、僕自身は考えているから)共に「喜びを分かち合う」ような訓練であれば、お互いに「幸せ」なのではないだろうか。
 相手が喜んでくれる事が犬自身の喜びでもあるのだから、そもそも犬自身は訓練だとは思ってないし、ストレスを感じていない事は、すなわち苦痛に感じる事も無い、訓練を飽きる事もない。

 喜びを共にしているという事は、訓練している事を苦痛だと思う事は無い。極論すれば一緒に遊んでいる事と同じ意味だ。一緒に住んでいる同居人が共に訓練をする相手であれば、最初から元々の集中度が違う。実に一生懸命にやってくれる。

 これ迄見かけた中に、犬を躾けるのに「叱る必要は無い」という書籍や記事がある。特に最近の物に多い傾向があるが、残念ながら、僕はそうは思わない。体験上、それには素直に同意出来ないのだ。
 もちろん「叱る」行為にも愛情が伴わなければならないが、きちんと愛情に裏打ちされた「叱る」という行為は、叱られる方にとっても必要な事だと考えている。長くなるので、その話は別の記事で。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。