新人 SEに「贈る」言葉

 先日、掃除中に懐かしい資料が出て来た。今から 15年前の 1996年から、静岡から宮崎に戻って地元のソフト会社に勤めていた。
その会社に足掛け 7年、丸々 6年間勤めた後、県外出向を命ぜられたのを機に退職し、知人と 3人で独立しソフト受託開発会社を作った。
 一つには、家庭内の事情やら様々な理由で、当時の給料が半分に減っても構わないから地元に戻って来たのに、安い給料で県外に出向させられるメリットが見いだせなかったから。もっとも独立して作った会社は県内の景気低迷をモロに受け 5年で解散、 7年で清算したけれど。
 その会社勤めの 6年間。ほぼ毎年「面倒見の良さ?」を買われてか、新人教育や留学生の面倒を見る事を命ぜられていた。もちろん自分が引継いだ担当顧客のサポート、民間会社へ収める新システムの開発、提案書作成や営業支援とかの業務負担は減らしてくれない状況下である。
 その上、どっかのシステムが火を噴くと、かならず鎮火に向かわされていたから、まぁ、体のいい何でもできる「便利屋」をやらされていたような気もしないでもないが、今となっては「楽しかった思い出」なので良しとしよう。

この投稿の続きを読む

広告