陽はまた昇る。

 昨日 Apple社の偉大なる創設者、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。享年 56歳。最初に気がついたのは午前10時頃の速報。米アップルサイトで確認した。日本アップルのサイトは、トップページにスティーブの写真でリンク先は英語のままだった。

 赤の他人である彼の死が、僕にとって予想以上にショックだったらしく、今朝は胃の辺りが重い気分で目が覚めた。二匹の飼犬も様子の違う僕に気を使った様で、いつもの朝の様には寄って来なかった。

 散歩のために外に出たら、折しも路地の先から朝日が昇る所だった。月並みな言葉かもしれないけれど

「それでも朝はやってくる。」
「陽はまた昇る。」

鮮やかに昇る太陽は、僕に「心配するな。」と告げていた。
 
 僕がコンピュータに興味を持ったのは高校生の頃。中学の頃は普通に半田ごてで指先を焦がすラジオ少年だった。TK-80が出たのが高校生の頃で情報処理学部に進学し、コンピュータの未来に夢を馳せる普通の青年だった。

 そんな僕に Apple][ は、夢は現実になる事を教えてくれた。日本語も表示できない 128Mのメモリを積んだ Macintoshは未来がすぐそこまで来ている事を教えてくれた。
 まだ「マイ・コンピュータ」と呼ばれ、せいぜいテレビゲームでしかなかったボード・コンピュータが「パーソナル・コンピュータ」と呼ばれる様になるのに、先鞭をつけたのは他ならぬアップルコンピュータ社だった。
 おそらく Apple][ が無ければ、任天堂のファミコンは無かったとも言いきれる。あの中身は、ほとんど Apple][ だったはずだ。

 僕にとって Apple][ は夢を現実にした衝撃があった。追いかける様にして国内で発売された PC-8001も FM-8も、僕にとってアップル程にはワクワク感を与えてくれなかった。アップルは別格だったのだ。とても手が届かないという意味でも別格ではあったけど。

 アップル社の製品がなければ、僕はコンピュータに未来を信じなかっただろう。それまでのコンピュータのイメージは、大型で数多くのテープが回る機械で、僕はそれを第一線で自由自在に扱えるプログラマーになる予定だった。ある意味、コンピュータを扱うという事は、ちょっとマッドサイエンティストみたいで、白衣を着た「かなり風変わりな博士」みたいなイメージだったのだ。
 当時の僕は、オペレータには興味は無かった。コンピュータを自分の手足の様に自在に命令して動かせるプログラマーになりたかったのだ。

 普通にスーツを着た人が、普通にコンピュータを扱う時代が直ぐにやってくる。人々は、コンピュータを使う為に建物に入るのではなく、鞄よりも小さなコンピュータを持ち運んで、どこででも仕事ができる様になる。そんな具体的なイメージで魅せてくれたのは他ならぬアップル社だった。
 トレーラよりも大型だったコンピュータ。それよりも凄い物が、やがて掌に乗る。これから僕は、その一部始終を目撃する事が出来るのだというワクワク感をくれた。むき出しの配電盤をタイプライターのケースに入れただけの製品で、そこまで夢を魅せてくれたのは、アップルコンピュータ以外には無かった。

 ただし、それを現実に具体的な製品として作るのは日本の技術だろうという、ささやかな望みがあった。インテルの i8008の元を作ったのは日本の技術者だというのは、既に有名な話だったのだから。
 学生である僕らにとって、これから自分達が会社に就職した後、日本人の力で国際社会で活躍できるかもしれないという自信と心の支えとなった。未来は手を伸ばせば、すぐ側にあるような気がしていた。

 アップルコンピュータの製品が、僕の人生を決めたと言ってもいいだろう。半世紀を過ごした今、自分自身は貯金も底を尽きかけている無職の身ではあるが、まだ生きている。何かをなそうとするにも、いつだって遅すぎる事はないと言われている。
 この先の僕に、いったい何が出来るかは分からない。けれども今、僕の手にもジョブズ氏からのバトンが渡されている。もちろん僕は彼と直接の付き合いは全く無いのだが、今朝見た太陽は、彼から「後は、よろしく頼んだよ。」と、言われたような気がした。そう、確かに「未来は僕たちの手の中に在る」のだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。