二番穂の刈入れが済んでる!!

 先日、そろそろ今週末あたりに刈入れかなぁって思っていたのだけど、昨日のうちに済んじゃったらしい。昨日の朝に通った時はまだ刈り取ってなかったから、きっとお昼のうちにやってしまったんだろうなぁ。

 刈り取りを急いだのは、おそらくは天気予報によれば今週末にかけて、あまり良く無い日が続くとのことだったから、その関係かもしれない。せっかく先週末から晴天が続いていたので、田んぼの中の地面もすっかり乾いて機械を入れる事ができる、ぎりぎりの機会だったのかもしれないしね。
 画像ではもう乾きかけているから分からないかもしれないけれど、散歩の前に外を見たら地面が濡れていたから夕べのうちに少し降ったのかも知れない。

 どうやら二番穂までを作るのは僕の住む大塚町内、しかも生目神社回りである、この周辺だけの習慣らしい。なぜかは知らないけれど。
 先に刈り取った米は「新米」として、お盆前に「お中元」贈答用として高くで出荷した後の、二番穂に関して特に田んぼに手を入れている様子はないけれど、刈り取った穂の株から当然のように芽が伸びて、ごく自然に稲穂になっていく。
 まぁ、稲を刈り取ったとしても根はまだ生きているのだから当たり前なんだけどね。なんだか、命の逞しさと人のしたたかさを見てる様な気にもなるね。

 この二番穂の米「しって米」は、ほとんど出荷しないで家庭用として消費するそうで、人にやれないほど「美味い」らしいのですが、知り合いに食った事があるという人が身の回りに居ないので今のところまだ検証してみたことはありません。機会あれば食してみたいけれどね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。