「後ろ脚」のあるイルカ!?

 クジラやイルカ等の大型海獣は、昔は陸上生活で四つ足歩行をしていた動物が海に戻った「ほ乳類」であるっていう説明は、子供の頃の愛読書でもあった科学雑誌にだって、そう記載されていたし、だからッと言って特別に驚く事でもないのだけど。
 しかし、実際に「腹びれ」のあるイルカが発見されて、それをレントゲンで撮って見たら、なんと内部に「後ろ脚」とみられる指などの骨がしっかりと写っていたってコトになれば、そりゃ「ビックリ!!」ってコトになるわなぁ。

この投稿の続きを読む

広告