怒られるのは嫌だけど

 二頭と車で遠くの場所に出かけた際に放してやると、割と直ぐに呼び戻しに応じる。ただ「アリス」は家の近所にある里山で放すと、しばくは僕の周りで遊んでいるし散歩中もちゃんと後ろに付いて来るのだが…
 家に戻ろうとすると途中から突然、何処かにすっ飛んで行ってしまい 2〜 3時間は平気で戻ってこない。「小町」の方は、声を出して呼ばなくても僕の手招く仕草だけで寄って来る。

 先月末の酷く冷え込んだ夜、何度も家の周りに戻って軒下で寝ているのに、僕が外に出て呼び戻すと「怒られる」と思っているのか逃げ出して戻ってこない。家の中に戻ると、しばらくして軒下に寝てるのだけどね。
 午前 1時過ぎまで何度か繰り返した後、僕が諦めたんで、そのまま朝まで家の外で寝ていたらしい。朝、二階の窓から覗いてみたら勝手口の前で丸くなっていた。

 帰ってこない時は、必ず決まって躯を汚して来る。酷い臭いを体中に付けて戻ってくるのだ。近所の畑や田んぼに忍び込んで、撒いてある肥料を躯に擦り付けてくるようだ。また、こうすると僕が風呂に入れて洗うから、それから 1週間は一緒に寝てもらえるという知恵が付いている訳でもないのだろうけどねぇ。
 幸い躯を洗うには丁度良い天気で、風は冷たかったけどそれほど強くも無かったから、風邪を引くことなく 1日で躯も乾いたんじゃないかな。もっとも人間の風邪と犬は違うとも聞くけどね。

 風呂場の中で躯を洗う時の「アリス」はとても大人しい。約 30分の間、じっとされるがままになている。人間の子供でも、こんなにおとなしくジッとはしていないだろうと思うくらいに静かにしててい水しぶきを飛び散らせて暴れる事も無い。これまでも一度も、躯を洗う時に手を煩わせる様な事はした事が無いのだ。
 それなのに、なぜ「家に戻って来ている」のに、僕が家に入れようとすると逃げ回るのだろうか。それが不思議だ。特に、飼い主である僕を嫌っている訳でも無いみたいだし、濡れた躯を拭いている時等も、まるでネコみたいにすり寄ってくるくらいだから。
 おそらく僕に「怒られる」かもしれないから、それが「怖い」だけなんだろう。最近は怒る事も無いんだけど、やっぱり「三つ子の魂、百まで」なのかもしれない… 困ったなぁ…

 一晩「アリス」が家に戻らなかっただけで(敷地内に戻って来て、朝まで勝手口の前で寝ていた)家の中にいる「小町」の体調が変になる。
 悪い物を食べさせてもいないのに、朝から家の中で下してくれていた。ペットシートの上で済ませてくれているのは良いけれど、出来たら蹴り飛ばさない欲しい。後始末が大変だったんだから。

 だから「アリス」に怒っているつもりはないし、一方の「小町」に八つ当たりしてもいないんだけど、犬なりに「怒られている」って気持ちがストレスになって、特に「小町」の場合にはお腹に来てしまうのだろうか?
 それにしても「アリス」は平気、平気。外で自分勝手で自由気ままに過ごして来ているのだから体調を悪くする事なんて無い。一体、外で何を食って来ているのか知らないけれど、いつもの様に快便。ただし、色は毎回のように真っ黒だけどね。

 もっともこうして家の周りで犬を放して遊ばせる事が出来るのも、僕の住んでいる近所が今はまだ田舎故にのんびりした雰囲気の元、それほど目くじらを立てて文句を言う人が居ないからだ。近所でも 2匹は有名で、子供達と一緒に散歩に出る事も多い。だれがリードを握るかで喧嘩になることもしばしば。その一方でアリスも小町も、朝と夕方の散歩の時以外では外で粗相をすることが無いから、こちらの心配もいらない。仮に離れたとしても、二匹共ちゃんと家に戻って来れるから、その点でも安心していられる。
 そうは言っても、そうそう何時でも自由に放してやれるわけでもないし、月に 2〜 3度も放してやれたら良い方だ。表情を見ている限りドッグランに行くよりも国富の山の中にある知人の家に行って、広い庭と裏山で遊んでいる時が一番嬉しそうで、本当に心から喜んでいるような気がする。

 本当に、人も犬も活きにくい窮屈な世の中には成って欲しくは無い。ノビノビと自然体で暮らせる世の中になる事を心から願うよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。