やっぱり苦かった…


 庭の「ふきのとう」も 4個くらいしか芽を出て無いなら可哀想で、とても食べれないけれど、全部で 12個以上も芽を出していれば、その内の 8個くらい食べても罰は当たらんでしょう?

 他のものを探していたら棚の奥から、なんと 15年程前の「重曹」が出て来た。これは「炭酸水素ナトリウム」の結晶なんで、別に腐るもんでも無い。
 なのでレシピに出ていた通りに、先ず「ふきのとう」を茹でて重曹を溶かした氷水に浸けて灰汁抜き…

 そして、いつもの肉入り野菜炒めに「ふきのとう」をいれた晩ご飯のオカズ「季節の野菜炒め」の完成。半分は翌日のお昼ご飯のオカズに。

 …やっぱり苦い…
 ニガウリの苦さともちょっと違うけど、まぁ似た様な苦さ…

 僕は、当分「お子ちゃま」でいいやと思った瞬間…

 季節の「カライモご飯」の甘さが心地よい夕食となりました… (-人-)

広告

One Response to やっぱり苦かった…

  1. ピンバック: 苦いと知っているのに… | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。