散歩が大好き


 二匹とも車に乗るのが好きだ。車に乗れば、行った事の無い場所で、大好きな散歩が出来る事を知っているから。だから僕が何処かに出かける準備を始めると、すぐさま車の後ろに飛び乗って早く行こうと待っている。
 もちろん、天気が良くて仕事先に連れて行っても支障の無い時は、できるだけ連れて行くようにしている。上の画像は「アリス」の母親犬の飼い主さんの職場に行った際、近くにあった田んぼのあぜ道で散歩した時のもの。

 車に乗せたからといって、何時も知らない場所に行ける訳は無く当然だけど何度も行った所の方が多い。近所にある大淀川の河川敷に行く事もある。まぁ近所だとは言え、しょっちゅう行っている訳でも無いので「連れて行く」それだけでも、二匹からすれば大喜びなんだけどね。
 だから、つい先日、朝は寒かったけど日中は風も強くも無く穏やかな天気だったので洗濯物を干した後、車屋さんに車検の申し込みをしに行ったついで、帰りがけに河川敷に寄って来たんだ。

 いつもだったら先に数匹の犬が散歩に来ている事が多いけれど、この日は午後の暖かい時間を選んで来たので、少し時間が早かったみたい。
 これまた特別に天気が良かったので、ゲートボール大会かグランドゴルフ大会なのかは区別がつかなかったけれど、本当に大勢の人が河川敷に来ていた。
 一方では少年スポーツチーム主催と思われるハンドボール大会みたいなものも行われていたし、小さな子供達だけでサッカーも行われていた。また別の場所では 15人くらいの青年達が集まってスケボーで何やら障害物を飛び越える練習をしていた。
 家族連れの中に、保育園児くらいの子供達も交じっていて「アリス」と「小町」を見つけて追いかけて来たけれど、気持ちでは犬を撫でようとしているけど気持ち半分は怖いのでヘッピリ腰になってて、やっと触る程度。途中から叩くような感じになってきたので、早々に二匹が逃げ出したので大急ぎで子供達のいる所から離れた。

 結局この日、午後 1時過ぎから 3時過ぎまでの約 2時間。河川敷の二つの水門の間を往復している間に出会った他の犬は 3匹だけ。その内の 1匹は、何かやたらと興奮して我が家の二匹の周りをくるくると走り回っていた。
 もっとも相手がパグ犬だったし、まだ 1歳過ぎ位の子供の様だったから走る回るのが好きな年頃でもある。はしゃぐと走り回る様な犬種ではあるんだけれど、二匹は相手もせずに見守っていただけだった。
 もう 1匹寄って来た犬は、おじいちゃんに連れられて来た「アリス」と「小町」の中間くらいの大きさをした日本犬の雑種と思われる犬。好奇心で寄って来たけれど、最初は小町の大きさにビビって近寄りたくても近寄れないという微妙な距離で迷っていた。先ずは自分より小さいアリスの方へ寄って来て直ぐにお互いの臭いを嗅ぎ合って挨拶をしていたけれど。
 残りの 1匹は犬の方はこちらに気がついて寄って来たがっていたけれど、飼い主さんが他の犬を嫌うタイプだったみたいで、さっさと歩いて行ってしまった。


 我が家の犬は、二匹とも割とマイペースな方なので相手が寄ってくれば挨拶をするけど相手が知らん顔をしてれば無理には行こうとしないから、リードを握っている方としては楽である。
 アリスは相手の犬から気づかれる前に割と早い時期に相手に気が付いて、出来たら寄って行って挨拶をしたいタイプで、小町は相手に気づかれても自分は気がつかないタイプである。散歩中は、一心不乱に臭い嗅ぎまくりのフラフラしまくりの「アリス」と、グイグイ引っ張って先を急ぎたがる「小町」と注意の払い方が違っているのだろうか。
 これが固定化された犬種としての性質の違いなのかもしれない。確かに、割と小さな事も見逃さない「アリス」の方は猟犬に向いているのかもしれない。もっとも全く吠えないから無理なんだろうけどね。一方、遊んでいて興奮すると噛み付こうとする癖が出る「小町」は闘犬向きなのかな。と、こちらは向かって来る同じ位の大きさの犬を見ると吠えるから闘犬としては失格なんだけどさ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。