宮崎でも金環食が見れる。

  もう 2ヶ月も無いけれど、今年 5月21日に日本国内で日食が、それも「金環食」が見れる事!? ってか、今のうちから準備しとかないと観測メガネとか手に入らないかもよ。
 詳しいことは、各自「国立天文台」のホームページで調べてもらうこととして、僕が興奮するのは、宮崎県内は中心部から外れているため不完全ではあるけれど県内全域で、ほぼ「金環食」が観測できるという事実。

 宮崎県内域で「金環食」が観測できる時間は朝 7時20分ちょい過ぎから僅か 3分程度。ちょうど学校や仕事に行く頃の時間帯。
 若干微妙な人もいるかもしれないけれど、ほとんどの人は余裕で見れる時間帯じゃないだろうか。だから可能性的にはとっても多くの大人や子供達が自宅の庭や校庭から、この天体ショーを楽しむことができると思う。
 あ!! 朝の準備で忙しいお母さんは無理かも…

 朝の 7時半頃といっても「春分の日」の 2ヶ月後だから「日の出」は 5時 15分ころ、それから 1〜 2時間は経っているのだから太陽は東から少し高い位置にあるはず。
「初日の出」の様に、わざわざ海に出て行かなくても観測できるんじゃないかなって思う。今のうちから 5月21日の天気が「快晴」になることを祈っておかなくっちゃね。
 
 僕の中で「金環食」って言うと、かれこれ 25年も前、会社に入ってしばらくたった頃だと思うけど沖縄で観測されたのをテレビの画像を通してみていた記憶がある。ちょうど休みの日だったし昼ご飯の時間だったと思う。

 当時 F1レースを録画するために買った SONYのビデオ(もちろん β)で録って後から何度も見たなぁ。その頃は、まだ今の様にインターネットで手軽に見れる様な環境ではなかったからね。
 僕といえば、静岡の沼津市に住んでいて会社の独身寮の踊り場から見てみようとしたけれど、あいにくの曇り空で太陽は全く見えなかったんだよね。

 一方「皆既日食」は、つい 4年ほど前に小河原や奄美大島で見れたとか、宿泊施設が少なくてテントでキャンプ生活してたけど雨が降ったとか言ってなかったっけか?
 その日の宮崎市内は朝からザーザーの雨降りでさ。たまたま昼頃に雨が小やみになって偶然にも雲の隙間から三日月状になった太陽を見る事が出来たんだよ。その雲のお陰でフィルター無しで撮影する事が出来たので、これは「怪我の功名」なのかしらん。
 ちょうど沖縄に住んでいる兄からは「辺りが急に薄暗くなって、なにやら神秘的だよ〜ん」っていうメールをもらったんだよね。

 これで、今年の 5月はイベント予定が目白押しになっちゃった。連休中は 20年ぶりに沖縄に行くし、宮崎に戻ってきたら直ぐに「これ」だ。今から楽しみが「わんさか」である。
 日食観測眼鏡は雑誌やガイドブックに付属しているのを本屋さんで買える。値段も 500円くらいから 2,000円近くまでピンキリである。僕は 675円で購入した。もっとも、最近はディスカウントショップでも 200円〜 400円程度で売っているのを見かけたので、安くで手に入れるのなら今のうちかもしれないね。

2 Responses to 宮崎でも金環食が見れる。

  1. ピンバック: 楽しみにしてたのに〜 « 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: 今日は良い天気だぁ « 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。