楽しいなぁ


 先月 16日の発売当日。首を長くして待っていた iPadが届いた。ネット上のフィーバぶりも、自分の気持ちも少し落ち着いて来たので、この 1ヶ月ほど使った感想を書いておこうと思う。まぁ実際の所は第一印象が全てで、ソレ以上でもソレ以下でもないんだけどさ。
 否々。そんな事無いんです。楽しいんです。使うのが。前の週から Windows7を使ってて、全く面白くも何ともなかったのと比べると「雲泥の差」っていうくらい。Macintoshを使っているときとまた違ってワクワク感が気持ち良いのです。「アップル」と「それ以外」っていう感じって言うのかなぁ。とにかく初めっから期待感が違っているから、使い始める時の高揚感と使っている時の納得感は何とも言い表すのが難しい物ですね。

 あ。だいぶ「えこひいき」ですかね? でも、正直な気持ちなんだから仕方ないか。

 もっぱら使用中はインターネットにつないでいるか PDFファイルを読んでいるか、まぁ当初から予定していた通りっていえば、その通りなんですけどね。それもこれも、新しい iPadの細かな細かな Retinaディスプレイのお陰。それが全てっていっても過言では無い。ってか、どう考えても「ソレ」しか無いですが…

     一応、有料ソフトも購入した。とりあえず買ったのは以下の有名どころ。

  • iMovie
  • iPhoto
  • GarageBand
  • 7notes for iPad

やっぱり iLife for iPadは押さえておく必要があったようで…

 ダウンロードの待ち時間が容量のでっかい GarageBandに至っては、なんと半日ほどかかりましたけどね〜 まだまだ ADSLの限界って訳じゃなかったんで、おそらくサーバ側の問題だったんでしょうけど。
 とは言いながら、これらのアプリケーションの内 7notes以外の iLife for iPadの 3っのソフトって自分で使う事って多分あまり無いでしょうな。せいぜい iPhotoくらいかな。実は GarageBandなんて一番使いそうに無いんだよね。だって iMacの中に入っている物だって全く使っていない。自分的にも音楽的センスって無しに等しいしぃ…

 標準搭載の、自分の変な声が音声入力でテキストに変化していくのを見ているのも楽しいけれど、自分の下手な手書き文字が 7notes for iPadの中で自動的にテキストに変化する様子を見るのも、すごく楽しい〜
 もっとも iPadを文字入力に使う事は、ほとんど無いと思うけどね。ある意味、非常時のための保険みたいなものですな。他にも、いくつか無料のソフトを入れてみた。とりあえずゲームも入れたけど、それで遊ぶ事って滅多に無いと思うけどね。どれも自分の為というよりは、誰か他の人に iPadを見せて触ってもらう為の物って感じで用意したって雰囲気が大きいかな。だから iWorksまでは必要なさそうなんでダウンロードはしなかった。

 僕の中では iPadはもっぱら読む為の専用マシンって位置づけになっているんで、この 1ヶ月の間に iBook’sの中には PDFファイルがドッサリ入った。ポメラやデジカメ等のユーザガイドもダウンロードサービスからできるだけ手に入れてインストールしたし、少しでも興味がある事に関しては、例えば SQL Server 2012用の資料や SQL 2008の開発マニュアルやら操作手引書やら何やらかにやら PDFファイルで無料で手に入る物は、できるだけ集めている最中。
 おまけに Macであればインターネット上の記事を PDFファイルに変換するのって、とっても簡単にできるので実に重宝している。だって普通に印刷するのと同じ操作で良いんだから。コレまでもポメラにテキストに変換して保存していた自分のブログも PDFファイルに変換し月毎にまとめ直した。本当はカレンダーからのリンク先とかも出来たら良いんだけど、さすがにソコまでになると製品版が必要だね。(ま、ソコまでは不要でしょ。)

 とにかく新しい iPadでは文字が読み易いのが一番だな。しかし、本に比べて読み易いかっていうと、読み易いとも読み難いとも、どっちもどっちかね。バックライトで面全体が発光している分、目の疲れは「本」以上に来るんだ。輝度を 50%程度に落としているけれど、或る程度の時間、画面を見続けていると目の疲れがドッとやって来る。
 年齢的にも、少々「老眼」が入り始めているので、文字を大きくしたりできる分 iPadで読むのは便利だが、読み続けるという点では、僕には「ちょっと辛い」という感じ。検索機能もあるから調べものとかには凄く便利なんだ。そういった意味でも操作手引書とかユーザーズ・ガイドとかのマニュアル類や辞書類で、ちょいと調べるには実に重宝している。

 文字を綴るのはポメラが一番だし、何かを手直ししたり、作り直したり、編集したり、加工したり、なんやらかんやらするのはパソコンっていうか MacBook proや iMacの方が便利。そういった意味でも僕に取っては iPadは、もっぱら「読む為のもの」ですな。
 ポメラとの連携に関しては、また別の機会にアップするとして…

 一方で、手書きの絵を描く分には iPadが一番楽だよね。取り込むのも、管理するのにも。例えば、ちょろっとした「悪戯描き」を残すのも、ささっと指で描ける分、他に代わる物は無いかな。
 今の所、使う機会は実際には無いに等しいんだけど、画面の広さがある分 iPhoneの時よりも使おうって気になる。一応、それ用に無料ソフトをダウンロードしているけど、指では描き辛いってのはある。専用の細いスタイラスペンがあった方が良いのかもしれないけれど、本当にソコまでして必要な物かは未だ自分の中で判断がついて無い。

 結局 64Gバージョンを購入したけれど、音楽ファイルや Podcastは全部抜いてしまったから、いくつかのアプリケーションと iPhone3G品質のビデオを何本か入れただけなので 32Gでも余裕がある状態になっている。
 まだまだ動画を撮っていないから、これからどれくらい増えるかは予想もつかないけれど、適当な感覚でバックアップに退避しておけば、さほど容量に気を使う必要はないのかもしれない。って事は、 今以上に iPhoneや iPadの容量が多くなる可能性は低いのかもしれないね。

広告

One Response to 楽しいなぁ

  1. ピンバック: かつて Newと呼ばれた iPad… | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。