本当に楽しかった沖縄


 那覇空港の ANAの手荷物預かりカウンターで二匹の犬を依頼し、早めの夕食事を済ませた後で搭乗待合室に行こうとロビーを横切ろうとしたら、ちょうど陽が水平線の上で今にも沈む所だったのでカメラを取り出してパチり。
 今回 20年ぶりの沖縄訪問は、まるで僕と二匹の犬を大歓迎してくれていたかの様で、例年よりも 11日も早い梅雨入り宣言の直後に始まった大型連休だというのに、めちゃくちゃ快晴に恵まれた上に、湿度も低く気温もさほど上がらないという、暑いのが大の苦手な犬達にとっても、すごく上機嫌で過ごしやすい日々となりました。

 今回の沖縄訪問は、半年以上も前から計画していた事で、5月の連休中に開催する兄の個展を手伝う予定だった。ところが土壇場になって懇意にしていた額屋さんの店じまいで個展の方は中止となってしまった。
 そして、開催期間中に同時に行う予定だったイベントだけを仲間内でやってみようって事に 1ヶ月前に急に決まって、今回 1日だけ開催する事になり、なんとなく好い加減に決まったから「いんげん祭」という内輪向けの催しだったのだが。

 僕は、宮崎を出発する時まで何も手伝う事は無いと聞かされていた。ところが兄の家に着いたら「予定とおりプロジェクターで壁に表示する」って事になっていると聞かされて大慌てで取りかかった作業。
 そうは言っても、もしかしたら、そんな事になるかもと予感が有った様で、なぜか自分のパソコンを沖縄まで持って行っていた。しかし、準備期間はたった 2日。それでも、なんとかなってしまうってところが、僕ら兄弟らしいってことか…

 そうこうして前日の深夜近くまでかかって、兄の買ったばかりのプロジェクターで投影できる所まで確認して、本番当日を迎える。公共施設を借りて行うイベント会場はペット進入禁止と言う事なので、二匹の犬は兄の家で 1日中「お留守番」となった。もっともイベント会場と兄の家は、車で 5分もかからない場所なので休息時間を利用し、その度ごとに僕は犬の様子を見に家に戻ってはいた。お陰で「打ち上げ」には参加できなかったのだけど。
(ってか、兄にも参加するなって言われてたしぃ…)
 イベント自体は、特に告知もしていなかったという割には、ひっきりなしにお客様が訪れて、今更ながら兄の人気を再認識するはめになった。だいたい兄は昔から「お祭り騒ぎ」が大好きな人だし、今更驚く事でもないのだけど、人気者の兄の弟ってだけで、僕は鼻が高くなる。別に、僕の事では無いんだけど。他人に自慢できる兄ってことで、それだけで嬉しくなる、実に現金な者なのである。

 兄の手伝いは 1週間の中で 1日だけ。他の日は、琉球大まで世話になった先生に会いに行ったり、連絡の取れた学生時代の友達と会ったりと、自分勝手に車で走り回っていた。
 一応、それ用にレンタカーを借りていて良かった。何より兄の時間を煩わせる事がなかったってのが一番だったかな。結果的にイベントでヘロヘロになっていた兄に、ゆっくりとした時間を提供することができて良かったと思う。

 そして兄は、わざわざ弟である僕のために 1日を割いて付合ってくれたのである。一応、朝からスタッフとしてイベントを手伝ったお礼の意味も兼ねていたようだけど、僕を紹介するために細かく連絡を取り合って、兄の友人に会わせてくれたり、沖縄県石川町にある洋ランセンターと併設されている「ビオスの丘」まで案内してくれたりと、本当に色々と気を使ってくれたのだ。本当にありがたいことです。

 実際、家に只で 1週間も泊めてくれただけでも感謝、感謝なのに、そこへ大人しいとは言え 2匹の犬まで連れて押し掛けて来て、正直な所、かなり迷惑だったのではないかなって思う。それでも「またおいで」って言ってくれる優しい兄である。兄弟って良いな、弟で良かったなぁって思う瞬間でもある。

広告

One Response to 本当に楽しかった沖縄

  1. ピンバック: 兒玉 Vijay作品展 – 2015 – | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。