我が家にも LED電球


 いよいよ明日 7月 2日、九州各地で計画停電が始まるかもしれない。自分的にも、この夏から少しでも節電に協力する為ってことで LED照明を導入してみたんだけどね。元々、年間通して夏だろうと冬だろうと、全くと言っていい程エアコンなるものを使わない生活をしているんで、節電できる箇所ってもの凄く限られてるんだけど。
 後は、常時電気を食っている冷蔵庫くらい。衣類乾燥器は半年前に壊れたし、残りの電化製品はパソコンと洗濯機くらいしか無い… 

 もっとも、そんなコトになるとはツユにも思いもしなかったんだけど。ただ単に先月、近所のホームセンターで LED電球が 2個 1組で 1,180円で出ていたので思わず買ってしまっただけなんだ。
 取り付けた場所は、階段と洗面所の 2箇所。廊下に無い照明の代わりに、我が家の中で一番点灯している時間が長い場所になっている。

 勿論これまでも、消費電力の低い電球型の蛍光灯を使っていたんだけど、それとの比較でも消費電力は 12W × 2から 4.9W × 2の半分以下になる計算。
 引っ越してきた 17年前の当初からしたら 60Wと 40Wのボール型の電球からの置き換えだから、それぞれ 1/12と 1/8になったって訳だよな。(これまで 1/3と 1/2だったって事。)

 買ったのは「三菱 LED電球 PARATHOM E26口金一般電球形 4.9W 昼光色 LDA5D-H-T2」という製品。同じ価格で「電球色」もあったけど、少しでも明るい方が良いと思い「昼光色」の方を購入した。
 後でインターネットで調べてみても、さすがにココまで安価では出ていなかったので一安心って所かしら…

 明るさの違いは、電球色が 260ルーメンに対し昼光色が 325ルーメンと、およそ 1.25倍となっている。ま 1/4程度じゃ、気にする程も無いような僅かな違いかもしれないけどね。
 使用する場所に依っては「電球色」の方が良い場合もあるだろうけれど、普段使いの照明としては例え纔かでも明るい方が良いだろうという判断した。二つの製品の間では、消費電力や寿命に特に変わりは無いらしい。

 それまで使っていた電球タイプの蛍光灯は 12Wの消費電力で 60W相当の明るさを持っていた。製品寿命は約 6,000時間。今回購入した LED電球の方は、約 5Wの消費電力に対して 30W相当の明るさを持つ。ただし構造的には後ろや横方向への明かりが無い。そして直下方向に関しては 40W相当の明るさが有るらしい。
 製品寿命は 40,000時間って事なので、仮に毎日 6時間の点灯として 6,666日。およそ 18.3年もの間、電球を交換しなくて良いという事になる。例えて言うんなら、その日に生まれた子供が「高校卒業」するまでって事だ。
 …なげ〜な…

 僕の記憶が確かなら、電球型蛍光灯の値段は 2年前に特売価格の 880円に対して、その 1.5倍に満たない 1,180円。どちらも 2個 1組の価格。製品寿命で比較すれば、片や 2年に対し 13年で約 6.5倍になる。仮に製品寿命を全うしたならば、価格差から 1/4以下となり、さらに電気代は半分以下ってコトになる。
 ただし明るさにしたら 60W相当から 40W相当に減ってしまった。これまでの所、半月間使っている範囲では気になる程も暗くなった感じがしない。って言うか、あまり大した違いが無いような気もする。

 交換して良くなった点が一つ。電球型の蛍光灯と違うのはスイッチを入れたら直ぐに明るく点灯する所。蛍光灯だとワンテンポ遅れるし徐々に明るくなるから、最初から明るい LED電球の方が利便性が高い。その部分では白熱電球に性質が似ている。
 その上、これは後から知った事だけど、頻繁に点灯と消灯を繰り返した場合でも LED電球の場合は蛍光灯と違って製品寿命に影響を与えないっていうのも利点だろう。

広告

2 Responses to 我が家にも LED電球

  1. ピンバック: LEDシーリングライトを導入 | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: 寝室には明る過ぎたので… | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。