太陽光で単3を充電する


 先月、携帯電話ソーラー充電器「ソラネコ」 と同じ頃に Panasonic コンパクトソーラーライト BG-BL01G-Wって奴をアマゾンで買った。たまたまヤマダ電機に行った時に実物を見かけ、アマゾンで価格を調べたら 1,000円ほど安かったので、そのまま注文してしまったのだ。
 別に、万が一の「計画停電」に備えてって訳じゃ無かったんだが、結果的にはそうなったに等しい。梅雨とは言え 6月に入ってからも天気の良い日はあったので、約 1ヶ月越の間、使ってみた感想をば…

 仕様によると、内蔵している単 3型のエボルタ充電池をフル充電するまでには直射日光の下で約 15時間かかるという。って事は、この充電器を使って太陽光だけで充電するには晴天で 3日間を要する事になる。
 それでも非常時に備えて、電池を太陽光だけで充電できる手段がある方が、何かの際には安心かなっていう気持ちが無い訳でもない。それにこの充電器には、イザという時のために後ろに LEDライトが付いている。
 さほど明るさがある訳じゃないけれど、夜中に身の回りの様子を確認するには十分だ。本体には三脚用のネジが切ってあるので、コンデジ用に用意したミニ三脚を取り付けて照らしたい方向に向きを変える事が出来る。これが意外に便利。

 また、本来の用途では無いのかもしれないけれど、例えば間接照明を用いたりレフ板/等も利用して小物撮影用に用いる柔らかな照明として使う事が出来る。
 だから非常時の用途だけでなく、ちょっとした撮影のためだけに、わざわざ専用照明を用意する必要も無くなったので重宝しているんだ。まぁ、こんなのも「非日常」っていえば、確かにそうなんだけど、さ。

 身の回りには、単 3型の乾電池を使用するガジェットがいくつかある。主な製品はコンデジの A1200や、ポメラ DM100/等。
 他に電池を使っているのは犬散歩用の LEDライトと自作の卓上 LEDライトくらい。自宅ではテレビもエアコンも使って無いのでリモコンは無い。後は ICレコーダや電子辞書で、これらは単 4電池を使用している。
 音楽を聴きたくなったら USBケーブル経由で iPod nanoを再充電できる。さすがに iPadは無理だけれども。

 一応、付属の USBケーブルを使うと USBコネクタの付いた ACアダプターを使い、約 7時間かけて電池を充電することも可能ってことなんで、単 3型電池 2本分の充電器の働きもしてくれる。ま、充電器として使う事は無いだろうと思う。いちいち USBケーブルやら ACアダプターを用意する手間を考えると面倒くさい。パソコンを使って充電するのは「ありえ無い」し…
 もし急に電池を充電する必要が生じた場合、普通に急速充電器を使った方が手っ取り早いと思うし、太陽光で充電できる装置に意味があるんで、それを否定してしまうと存在意義が無くなってしまうんじゃなかろうか?

広告

2 Responses to 太陽光で単3を充電する

  1. ピンバック: 太陽光で単3を充電する Part2 « 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: 太陽光で単3を充電する Part3 | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。