今年も「お化け屋敷」


 今年の夏も恒例の西都市の夏祭り「お化け屋敷」で、沢山のボランティアスタッフによる協力で、雨が降ったにも関わらず 3日間を通しておよそ 1,000人以上のお客様が入場してくれました。
 収益金は会場レンタル代等の実費を差し引き、残りの全額を西都市に寄付し、商店街の活性化のために活用して頂く事になっているそうです。昨年は、震災復興への義援金として赤十字社へ、一昨年は県内で発生した口蹄疫による防災活動と義援金へとなっています。

この投稿の続きを読む

広告