touchで十分。nanoは微妙…

 先日、日本時間の 13日の深夜っていうのか早朝っていうか。 Appleから新型 iPhone, iPod touch, iPod nanoが発表された。iPod shuffleは色が変わっただけ。iPod classicは全く変更なし。ラインナップから消える事も無く、販売は継続されるようだ。
 当然、発表の中心は新型 iPhoneが主役。今回の商品名は iPhone 5となったよう。初代 ⇒ 3G ⇒ 3GS ⇒ 4 ⇒ 4S ⇒ 5 と変移してきた訳だけど、じゃあ来年になったら 5Sになるんだろうか。遠目に見たら[SS]に見えるな…

 今回の発表で僕が興味を失ってしまったのが iPod nanoだ。どうやら前回の小型路線は、指の太い外国人には不評だったらしい。よっぽど操作しにくかったんだろうねぇ。僕にはとっても使いやすくって便利だったのに。本体裏に付いていた「クリップ」が、さ。
 動画再生機能だけが復活したって感じ。ビデオクリップを聴きたい人にとっては便利になったのかも。今までの、どのモデルよりも安くなったのは魅力だけど。

 カメラやマイクの機能が欲しければ touchにしろって事で nanoとは住み分けているらしい。そして iPod touchとiPhone 5との違いは、データ通信機能と通話機能が必要かどうかっていう程度の違いだ。いつでも、どこでもデータ回線が使いたいって人にとっては iPhoneしか対象にはならないだろうけれど、僕みたいに外では使わないって人には、結局どうでも良い事だったりする。
 カメラの解像度は new iPadと同じになった。動画も Full HDでの撮影が可能になって、おまけに手ぶれ補正もしてくれる。ちっちゃくって軽い分 iPadよりも写真や動画を撮影する機会は増えるだろうってなことは予想できる。おそらく(スイング)パノラマ撮影機能が楽しいだろうねぇ。

 カメラの解像度に関しては iPhone 4Sから変わらない。薄くなった筐体に対応するため、全く同じ「装置」ではないだろうし多少は改良の余地が入っているに違いない。
 そういった意味でも iPod touchと new iPadだって厚みが違うのだから、確かに両方とも同じ解像度だろうけれど、厳密に言えば画像の写りは微妙に違っているのかもしれない。どちらにしろ気にする程の事じゃない。
 それよりシャッターチャンスを物に出来るか否かって意味では、肌身離さず身につけている可能性の高い iPod touchや iPhone 5の方がチャンスに強いだろう。

 僕的には iPhone 5よりも iPod touchの方が良いなって思った程度で、どうやら今回はパスかなぁ。それほど触手も興味も湧かなかったってのが正直な感想。発売前のお祭り騒ぎにも、それほど興味が無かったしね。特に今回に関しては「どうしても新機種が欲しい」って所までの気持ちの高まりは持てなかったなぁ。ただ新しいインナーフォンは使ってみたいと思ったね。別売りしてるから、これだけでも買ってもいいかな。
 とか言いながら、気がついたら買ってたりしてね。普段使いには touchで十分だし、有れば有ったで iPadとの組み合わせで便利だろう。そうなればコンパクトデジカメや ICレコーダーを使わなくなるだろうな。

 それよりも新しい iMacだよ。当然 USB 3.0搭載はお約束だとしても、画面解像度の方はどうなるのだろう。つい先日 MacBook pro Retinaディスプレイモデルの最上位のカスタムモデルを見せてもらう機会があって、さらにその上で Windows 8が動作しているのを見ちゃった物だからさぁ…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。