欲しいけどさ…

 先週 Appleから iPhone 5が発表された日と同じ日、かねてから噂に上っていたニコンから新しいデジタル一眼レフ D600が発表されていた。今月 27日からの発売らしい。キャノンからも 12月から競合する 6Dが発売されるけれど、今までの交換レンズの資産があるから僕の興味はニコンだけに絞られる。
 フィルムと同じ 35mmサイズの CMOSセンサーを搭載した FXフォーマットの機種で、小型で最軽量になっているとのこと。僕的には、やっと D80の正常進化とも言える機種が出て来たなって感じで、とっても興味津々。否、マジで欲しいかも、これ…

 第一の理由がこれ。ガラス製のペンタプリズムを搭載し、視野率が D80の 95%に対し 100%を実現した光学ファインダーの搭載である。何より明るさが違うし、被写体を追いかける時の見易さが違う。
 一方 FXフォーマット機種の中では小型とは言え、DXフォーマットだった D80に比べると本体重量が重くなるのは仕方ない。バッテリー込みで、約 600gから 850gと1.5倍だし、イメージサークルの大型化に伴い交換レンズも大きくならざるを得ない。同等のズームレンズと組合わせたら今の倍以上の重さ、おそらく 2kgを超えるだろう。当然、機動性も落ちる。

 当たり前のことだけど値段も高くなる。D80に望遠ズームを搭載した当時に比べるとダブルレンズキットならば、ちょうど 2倍程の価格差だ。DXフォーマットから FXフォーマットにバージョンアップするのだから当然とは言え、今の状況では手が出せないな…

 今までの交換レンズ資産が使えなくなってしまうのも痛いと思っていたら、幸い FXフォーマット全機種は DXフォーマットで撮影できる機能が搭載されているらしい。ってことは、全く使えなくなる訳じゃない。
 一応、カタログに由ると『DXレンズ使用時にはDXフォーマットが自動的に選択(初期設定)されるので、お手持ちのDXレンズ資産を有効に活用できます。』ってコトなので、余計な心配なのかもしれないんだけどね…

 さらに「約2400万画素の有効画素数によりDXフォーマットの撮像範囲でも十分な画像サイズ(約1040万画素)を確保されています。」って記載されてたので、非常にシャクなコトに手元にある DXレンズを使っている限り D80と画質的には何も変わら無いって話になっている。
 しかも、そうそう FXフォーマット用の交換レンズを買い揃えられないだろうし、もしこのまま標準レンズ 1本だけって言ってたら、何も一眼レフにこだわる必要もなくなってしまう。仮にそうなったらスパッとひと思いにシグマ DP2 Merrillにしても構わないなんて言い出しても良い訳だ。それだけ Foveon X3ダイレクトイメージセンサーの写りの良さって、息を飲む程に凄いって思う。

 いっそのことニコンがミラーレスのアドバンスドカメラとか、コンパクトカメラの Pシリーズとかのセンサーに使っている CMOSの供給元をソニーからシグマに換えちゃえば良いのにねぇ。ニコンが使いだしたらシグマだけの状態よりも数倍は掃ける量も増えるだろうから、いくら高価なFoveon X3ダイレクトイメージセンサーとは言え量産効果で少しは値が下がるんじゃなかろうか。
 そうしたら四隅の潰れた眠たいような感じの画像じゃなくて、以前のニコンレンズが持っていた、特有のキリリとした隅々までエッジの立った目の覚めるようなシャープな画像が再び見れるのだろうに…

 いずれにせよ今は無理だから、そのうち機会が出来たなら、その時に考えれば良い事だな。当然その時に出ている最新機種を、ね。

広告

2 Responses to 欲しいけどさ…

  1. ピンバック: ちょいと微妙… | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: 小改良版 D610が出た | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。