そろそろ 64bit環境に移行すべきか?

 先日から知人に依頼されて久々に Accessでの開発をしていたのだが、動作確認テストした際に困った事が判明した。
 自宅の開発環境は、特に必要性も無いので未だ 32bitのままだったのだが、実際に客先で動作する環境は 64bit OSなのだ。
 開発中の Accessアプリは VBAからWindows OS内の機能を Declareで呼び出して使用しているので、その部分で非互換が発生してしまったのだ。
 これらは全て 64bit環境向けに宣言文を書き直さなければならない。宣言文を使っている箇所は僅かなので、さほど手間取る作業では無いが面倒である事は変わりはない。
 それよりも開発版をそのまま客先に持って行って動作しないのでは、今後の保守期間に移行した際に問題になる。

 今後の事を考慮して、そろそろ 64bit環境を手元に準備した方が良さそうなのだが、そうなると現在メインで使用中である XP環境から Windows 7か、あるいは今週末にも発売が予定されている Windows 8への移行となるだろう。
 情報によると WIndows 8のバージョンアップ版を購入すると 32bit版 64bit版が共に DVD内に入っているらしい。これからだったら、わざわざ今更感のある WIndows 7の64bit版を新規に手に入れるよりも、どうせなら Windows 8の方が今後のためにも良いのでは無いかとも思う。

 おまけに以前 ECCメモリを増設した DELLサーバーも、結局あれから OSの再インストールもせず放置状態のまま埃を被っている。我が家には、既に以前から 64bit環境に移行出来るハードウェアは準備されていたのに、実際に使える環境は一つもないという状態なんだ。
 つまり我が身は一つしか無いので、どんなに沢山のパソコンが有っても使う目的が無ければ触る事も無い理由で、これまでの所、自分の仕事に直接結びついてこなかったので積極的に触る必要性も無かったという理由もある。

 正直な所、仕事以外の目的で Windows環境を触りたいとは全く思ってもいない。普段使いのマシンには iMacか MacBookか iPadで十分なんだ。やっぱり Macの方が普段から触っていても楽しいしね。
 自宅には 3年前にパソコン教室を閉めたって理由もあるかもしれないが、サーバー環境も含めて動作可能な 8台の PCとバックアップ電池の切れた eMacを含む 5台の Macがある。個人所有では多過ぎると言われても仕方無い。

 しかし、どの PCも古過ぎて最新 OS環境の負荷には耐えられないかもしれない。文字通り既に使い物にもならない「宝の持ち腐れ」って奴かもしれないけどね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。