みやざき動物フェスタ 2012


 今年、初めて、毎年「臨海公園」で行われている「みやざき動物フェスタ 2012」に行ってみて来た。行ったのは 11時ころだったのだが、ちょっと遅かったみたいで、クイズ形式のスタンプラリーの用紙も、狂犬病注射のタグを付けて行ったらもらえるという景品も何も貰えなかった。
 たった 40分、遅く着いただけで何も貰えなかったんだけど、単に犬 2匹を連れたオッサン 1人だったから家族連れと違うって言うので差別されただけかもしれないけどね。たまたま僕の後から来たオバさん 2人組がスタンプラリーしていたのを目撃してしまったからさ。
(まぁ、こんなの良くある事だから、今更、何も言わないけど、あまり気分の良い物では無いわな。)

 譲渡会が行われているのは、会場の一部で、会場の真ん中を使って、一番目立っていた感じだったけど、あまり活発に譲渡されている様子ではなかった。もしかしたら、その場での譲渡は行われていなかったのかもしれないけど。
 それとも、なんとなく成犬が多かったのも原因なんだろうか。もしそうだったら寂しい事だけど、仮に事実だとしたら仕方無いわな。それが現実なんだから。

 会場には犬連れの人が多かったけれど、その中に何人か「秋田犬」が珍しいと「小町」に声をかけて来た人がいたから、話を聞いてみた。
 声をかけてきたみなさん、連れている成犬は譲渡してもらったと言う人ばっかりで、本当に犬好きな人ばっかりなんだなって感じた会場の様子だった。

 それでも、成犬になった日本犬を引き取るっていうのはちょっと躊躇うみたいで、僕が小町を引き取った経緯を話したら、皆さん少しビックリされていた。
 映画「わさお」や「星守る犬」の中で活躍している犬が「秋田犬」なので、実際には大人しくて優しく飼い主に忠実な犬だということを知っていてさえも、まだまだ「秋田犬は怖い」ってイメージが強いのだろうかって感じた。

 大体 1時間で帰るつもりだったのに、別に何をしていた訳でもないんだけど、気がついたら最後まで会場で遊んでいた。沢山の犬がいたけれど、僕が犬を連れているせいなのか、ほとんどケンカ腰で唸る犬ばかりで、身体に触らしてくれない犬ばかりだった。犬慣れしていないのか、それとも、僕の犬に僻んでいたのか、真相は判らないけれどね。
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。