著名な建築家が「脱・犬小屋」に挑戦

Untitled 凄いな〜 家で、犬と一緒に暮らしている僕は、さすがにここまでは考えてはいないな〜
日本勢を中心とした世界的に著名な建築家たちが、犬のための家を特別に設計。その図面をウェブサイトで公開し、誰もがDIYでつくることができるプロジェクト「Architecture for Dogs — 犬のための建築」がスタートした。

 ってコトらしんだけど、そういった意味では、まだ僕は「自分」という「人間中心なものの捉え方」なんだろうけどね。もっとも、僕自身(人がリーダーとなって)「犬と暮らす時」は、それで良いんじゃないかなって思っているんだけどさ。
 それは「犬が犬として無理のない範囲」で「人に寄り添ってくれている」という形では、とっても理想的じゃなかろうかって考えるんだけどね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。