新劇場版:Q

b 月に 1度のお楽しみ。今月の「映画の日」は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を見てきた。元々、昨年の 11月に他の劇場で公開されていたのだが、封切り後に全国の映画館で追加公開となったらしい。
 さすがに此処まで来ると、これも一種の「社会現象」ってコトなんでしょうかね?

 毎回「映画の日」に一緒に行ってくれていた友人は、今回は風邪っぴきでダウン…(お大事に〜) で、独りで見に行ってきた。
 前 2作は友人の家で BDで見ていたので、劇場で見るのは今作が初めて。TV放送はリアルタイムで見てないけど、以前にニコニコ放送か何かで無料公開していた折に全話視聴していたし、コミックの方も全巻 BOOK・OFFで目を通していたので、とりあえず物語の社会情勢とかの舞台背景とかは理解しているつもり。もっとも、前作とは話の流れ的にも全く関係は無いんで問題は無いらしい。

 今回は、いきなり 14年後に話が飛んでいた。しかし主人公は 14年前で時間が止まっていたので、僕ら観客と同じ状況に置かれているってな感じだったので感情移入がすんなりと行っちゃって、っていうか【行き過ぎちゃって】家に戻ってからも独りで悶々としてしまい、なかなか寝付けなかった。
 多分、これは僕自身が主人公と同じ「男性性」であることに起因していたのかもしれないけれど、精神年齢 14歳の主人公が「あの事実」を受け止めて向き合うかって、まず普通に考えれば無理だろうなって思う。大人である僕自身ドラマだと判っていながらも、程度は違っても同じ様にしてショックを受けるくらいなんだからなぁ…

 それにしても「声優さん」タチにしても、今回の作品に関しては、もの凄く大変だったんじゃなかろうかって想像しちゃう。声色だけで感情の細やかな揺れ動きを表現を、実に上手に表現していると感じられた。そうでなければ、こんなにもすんなりと物語の中に入り込めないだろうから。
 そういった意味で言うと「声色」って凄いなって、それを表現する「声優」さんたちって凄いなって改めて思う。また、その微妙な声色を本当に大切にしなきゃいけないような仕事なんだろうな。

 もっとも「人類補完計画」ってのが最大の謎なんだけどね。どやらら、人類に知恵を与えたモノリス状のゼーレ達が主導し、当初からの目的であった筈の A案。碇シンジの父が暗躍している旧ネルフ陣営が行おうとしている B案。そして、それを阻止せんがための旧ネルフメンバーって感じの理解でいいんでしょうかね?
 物語は次回作(シン・エヴァンゲリオン劇場版:||)で、一応の完結をみるらしいのだけど、さてさて、いかが相成ります事やら…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。