今度こそ代わりになれるかな?

ATH-CKN50 以前から、お気に入りのインナーフォンである JVCの HA-FXC51-Rに代わるもの探しているのだけれどコレって物のが無い。先日オーディオテクニカ社の製品でコンセプトが似たインナーフォンを見つけたので購入した。
 PREMIUM COMPACTシリーズ第 1弾で ATH-CKN50っていう商品。色は 400円高かったんだけど、ちょっと渋めにブラウンを選んだ。Amazonで購入。使い始めて 2週間以上経つけれど今の所はコレと言って大きな不満ってものは無い。ってことは概ね満足している、の、かな?

ha-fxc51_prod 使用しているドライバーは 5.7mmって事らしいので  JVCの 5.8mmよりも一回り小さい事に成る。どちらもダイナミック型で、インピーダンスなどは変わらない。僅かに 0.7gほど軽いけれど、多分、口径が小さいから、その分なんじゃないかしらん。コンセプトはどちらも似たようなものだと思うが、分解図を探しきらなかったので厳密に同じなのかどうかは判らない。形状から、そうなんじゃないかしらんと想像しているだけ。
 音圧レベルも許容入力も、少しだけ余裕があるけれど、大した違いじゃないし、そもそも、そんな耳が壊れてしまうような大きな音で聞く事は無いから無関係。結局は、主観的な物と着け心地がどうかってことだ。
 それを左右するのは、本体の周りの特徴的なループ・ストラクチャーと呼ばれるもの。

 どちらの製品にも同じような角度で、本体(ハウジング)にオフセットされて取り付けられているのラバー部分がある。耳に付けた際に位置がずれたり取れたりしない様に固定してくれる。輪っかの部分が個人の耳の形に柔軟に変形してサポートしてくれるから、数時間つけてみたけれど時間が経っても特に痛くなる風には感じなかった。
 どちらもメタルハウジングでプラスッチック製みたいな見た目の安っぽさは無い。ただ、どちらもコードから伝わるタッチノイズには弱い。JVCの方は後継機種でタッチノイズに対処しているらしいけど、試しに体験した時に装着感も見た目も今一だったのでパスしてしまった。

 片や既に 2年も経過した製品と音を比べても、あまり意味は無いだろうし、両製品でビックリする程に音が変わって聞こえる訳じゃない。っていうか、僕の方が聞き分けが出来る程に上等な耳を持っていないので判らない。
 普通に聞いている分には特に破綻もせず、素直で聞きやすく感じるし、音像がブレる感じもしないし、音も籠ってないから良いんじゃなかろうか。もちろん低音がビシビシ出るなんて性格の物でもないし、高音がどこまでも伸びるとかって感じはしない。どうしてもドライバーの口径に制限を受けてしまう部分だろう。

 聞いている時は、どちらも耳の中で直接、音がなってる様な構造なので、外部の音は気にならない。普通に聞いている分には、外に音が漏れている様には感じないが、そんなこと身につけている本人に判る筈も無い。
 手に取った感じでは JVCは後方に音圧を逃がす解放型で、オーディオテクニカの方は密閉型の様にも見える。いずれにしても構造を解説している資料が見つからなかったので詳しい事は判らないけれど。

 男性ボーカル、女性ボーカル、どちらも聞きやすい。クラッシクよりもポップスの方が聞きやすいような気がする。そんな気がするだけで、クラッシクに向かないと断言できるわけじゃない。そもそもフルオーケストラなんて聞かないから、普通にピアノ曲やジャズなんかを聞いている分には大丈夫なんじゃないかしらん。
 少なくとも、洋楽、J-POP、ボーカルもインスツルメンタルも、少なくとも僕が好みの楽曲を聴いている範囲では、特に不愉快に感じる部分は無かったから、お気に入りの製品になりそうな気がする。

 それにしても片や 2年も経った製品である JVCの HA-FXC51-Rは未だにお気に入りの製品で、気軽さ、音質、そして長時間におよぶ着け心地。これを超えてくれるものがなかなか出てこない。逆に、そっちの方が脅威かな…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。