確かに手軽。

61CvKq1HcEL._AA1250_ ELECOM 木のスピーカ 2.1W USB ブラック MS-W11UBKって奴なんだけど USBケーブル 1本だけで 2.1Wの音を出すスピーカである。USBケーブル 1本だけで外部スピーカを成らす事が出来るのは、既に卵型スピーカーや、雑誌の付録とかを持っていたんだけど、どちらも持ち歩くにはちょっと面倒だと感じていたのだよ。
 そんなコトぼんやり考えていたから USBで電源と音声を取り出して再生してくれる USB-DAC内蔵のスピーカーが 2,000円もしなかったもんだから、つい衝動買いしてしまったんだ。正月休みの時に近所の電気店で購入。後で Amazonで調べたら 500円も安かったんだけど、まぁ良いさ。

twd7ip_001-001 音は以前に買ったオラソニックの方が断然いい。音が良いって言うか、大きな音から小さな音まで余裕で駆動できるダイナミックレンジの広さって所なんだろう。片チャンネル 1Wと 10Wでは違って当然だ。どちらも USBケーブル 1本だけで出しているってところが凄いんだけど。
 どちらにしても、お世辞にも効率が高いは言えない小型スピーカー。所詮 10Wなんて言っても 10倍の音量差なんて無い。体感的にも、せいぜい 2倍程度でしかない感じ。

 そんなにビックリする程に大きな音量差を感じる訳じゃないし、第一よっぽど耳の悪い人でも無い限り、耳のすぐ側で大音量にして聴く事も無い。大きな出力なんてものが、そもそも必要無いのだから、これ以上のパワーは無意味だろうな。

MS-W11U_01 パソコンに繋ぐのは USBケーブル 1本だけで、左右のスピーカーはつながってて外せない。音量はパソコンからも調節はできるけど本体にもボリューム調整用のボタンが付いているし、ミュートボタンもなかなか便利。
 箱は捨てないで取ってあるんで、移動するときは箱に入れて持ち運べるのも良い。元々四角い物だから、箱の中でもガタガタしないからね。
 音は悪くはないと思う。って言うか MacBook proに搭載されている小さなスピーカーと比べたら口径の差だけで、どんなスピーカーを持ってきても勝てるだろうけれど。
 オラソニックからも一回り小さいスピーカーを出した様だけれど価格差を考えると、これはこれで悪くないって思えるな。

 まぁ、ぶっちゃけ単に音さえ出てれば文句は言わないって人向けだよね。少なくとも Mac Bookの音よりはマシだけども、これで音楽鑑賞するってぇ人はいないでしょう。ってか、こんな小さなスピーカーに何を求めてるんだよって事だわな。どだい「物理的に無理」なことを注文するもんじゃないってことですわ。
 そうは言っても、まぁまぁ。そんなに悪い音じゃない。普段 BGM程度に聴くのなら、そう目くじらを立てることもないんじゃないかしらん。そうそう耳につくような不自然さはないし、聴いてて疲れるような音じゃない。そこがフルレンジ・スピーカーが持つ素直さだと言える部分なんだろうけどね。

広告

One Response to 確かに手軽。

  1. ピンバック: お手軽スピーカー | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。