中国品質って一体…

image 購入して 1年と半年しか経っていない自動巻きの腕時計 importシリーズの SNK357KC ブラックである。なんと早々と、まもとに時刻を示さなくなってしまった…
 本当に日本セイコー社の技術指導を受けていたとしても、中国生産の時計も所詮は「中国品質」いうコトらしい。初期不良もなく、見事なまでに 1年間の品質保証の期限が過ぎて半年という所である。落とした事も、ぶつけた事も無く、大切に大切に使っていた。毎日の様に手首に着けて普通に使っていただけなのに、早くも全くマトモな時刻を示さなくなってしまったっていうのは何なんでしょうか… (もはや時を計ることが出来ない…)

 これまで 1日に数分の遅れが出る程度で、大体 1週間から 2週間に 1回の割合で時刻合わせをしていた。その程度なら特に問題にもならなかったのだが、最近、急に時刻が進み始め、例えば正午の時報で時刻合わせをしていたのにもかかわらず 5時間後には 1時間半も時刻が進んでいるのである。どこかの歯車がズレたのか外れたのか原因が何なのか、どういった理由なのかは分からないけれど、これでは使い物になるわけがない。
 仮に修理に出したとしても直る保証も無い上に、いくら位かかるものなのか予測もつかない。昔、父に高校入学の時に買ってもらった中古のファイブアクタスは、高校 3年間と大学 2年生の時にタクシーに跳ね飛ばされて道路の真ん中に飛んでいくまでの 5年間、ただの 1度も故障することもなく使えていた。それに比べ、わずか 2年の寿命さえも無かったというコトだ。悲しいというより情けない。今更だけど、どうしようも無いわなぁ…

 そういえば以前、友達になった中国の知人が日本に来た時に、国内ブランドのデジカメを購入しようとして、やたらと Made in Japanにこだわって、「保証期間が過ぎたら必ず壊れるから」って言って手頃な価格の Made in China製品には絶対に手を出さなかったけ。
 いくら有名メーカーのブランド名を冠する製品であろうとも、生産国の技術力や品質管理による欠陥、あるいは国民性によるものなのかは知らない。既に Canon製品や KING JIM製品/等の信頼性が低下している現状を知ってる限り、もはやどうしようも無い所まで来ているのだろう。

 いったん地に落ちてからでは国際的な信頼性を回復させるのは非常に難しい。コレまでブランド名の元で築いてきた品質と信頼性を守るため、そろそろ手遅れになる前に対処しておかねばヤバイ所に来ているような気がする。
 製造コストに占める人件費を問題にして、今以上に国外に製造委託を続けていたら、これまで長い時間を賭けて築き上げたブランドの持つ信頼性を失うばかりの様な気がするのだけれど…

 既に国際的に通用するブランド名を持つ日本国内の製造メーカーは、そろそろ Made in NIPPONのブランドに力を注ぐべきではないだろうか。国内に設計技術だけでなく製造技術を取り戻す。それこそが国内の失業率回復、人間性の回復、そして活力と誇りを取り戻す原動力になるんじゃないだろうか、と、僕は考える。
 今までの様な価格競争では既に国際的な競争力は無くしている。今まで以上に付加価値を大切にするか、目には見えないような部分の品質や信頼性を高めていくしかない。勿体無い精神を復活させ、少なくとも 8年間は絶対に壊れない製品を作って欲しい。初期投資が多少は高くても、長い目で見たら結局はお得となる製品を作って欲しい。そうなると製品は売れないけれど、世界中を相手に販売すれば市場は膨大である。

 企業も社員も大幅な給与体系の見直しを迫られるだろう。必要なのは、仮に全社員の個々人の給与が半分に減ったとしても確保すべきは雇用であり、大切な人材なのである。昔の武将も「人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、徒は敵」と言っていたではないか。
 当然、僕のように例え給与が半分に減っても構わないから地元に戻りたいと考える人ばかりではないだろうから、人材の流失はさけられないかもしれない。しかし、今までの切り捨てる方法では、国外への流失は止められない。

 それ以前に、私利私欲に走り自国民さえ守ろうともせず「自己責任」と嘯く議員や政治屋を、まず全員辞めてもらい、今の議席から 1/3程度に減らして選挙すればいい。公務員も郵便事業の様に必要なサービスのみを残し、天下り先のために作られた外郭団体は全て解体して利益の出る業務は全て民間企業に任せればいい。
 いかんせん、とにかく無駄に居眠りしている議員が多すぎるし、国外へのバラマキが多すぎる。大幅なリストラが必要なのは企業じゃない。そうして無駄に膨れ上がってしまっている国の支出を減らした分を返済に当て、企業や個人の税負担を大幅に減らしておく必要がある。その上で消費税を撤廃して国内市場を活性化してやれば、自ずと経済は回っていくはずだ。

 それこそ知事や議員こそボランティアでやってもらっても良いものではないのか。そうすれば、今のように議員や知事に成りたがる人なんて大幅に減るだろう、なんて夢想してみたりもする。
 とりあえず僕がこれから注意することは、例え少々高くても Made in NIPPON (Japan) 製品を選んで購入することである。

広告

4 Responses to 中国品質って一体…

  1. ピンバック: 今度はナースウォッチ | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: ソニータイマーさえ無ければ… | 僕と犬とMacと

  3. ピンバック: 半月以上も悩み、結局は注文しちまったぃ… | 僕と犬とMacと

  4. ピンバック: 久々に手首に腕時計をはめた | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。