今回はローテク !? G.I. Joe 2

G.I.-Joe-Retaliation
 月に 1度のお楽しみ。 今月の「映画の日」『G.I.Joe バック2リベンジ』を見て来ました。
既に 1ヶ月も近く公開されているから、多少のネタバレも問題はないでしょうかね ?

 一応、前作の流れは引き継いでいるみたいなんですが…
 なんか設定も何もかも違う「別作品」って雰囲気でしたね〜

  …ってかさぁ〜
 前作の主人公、ハイテク装備も含めて、皆どこにいってしまったのよぉ〜  って感でしょうか。

 以前は国際救助隊って感じのハイテク装備の特殊部隊だったのが、今回はアメリカ軍の中で、ちょっとだけ普通の部隊より強い、特別な「特殊な部隊」になってしまっていました。
 前作イメージを期待していた僕にとって正直、肩透かしをくらった感じで見終わった感想は「ちょっと微妙…」感が拭えませんでしたな。

 え〜っと、そうですねぇ。全然、関係は無いんですけれど、 既に引退していた初代ジョー役が、別の映画のはずの REDと頭の中でリンクしちゃって、見ながら混乱してしまいましたぁ。 別に、それでも良いんだけドォ〜
  なんか、アクション映画 = ダイハードのオッチャン って解り易くて単純な図式が…  (安直ともいう)

 それと、なんかハリウッドの「忍者」に対する「大いなる勘違い」がそら恐ろしいんだけど。
そもそも「忍者」って諜報部員であって、殺し屋じゃないんだけどねぇ…
 もしかすると 007から、スパイ = 暗殺 = 殺しのライセンス = 殺し屋 = ゴルゴ 13につながるイメージなのか ??

GIJoe2-001 どうやら忍者 ≠ Ninjyaみたいで「バットマン・ビギンズ」以来 、なんかアジアに伝わる素手と暗器を手にした「アサシン育成所」(虎の穴)ってイメージがすっかり定着しちゃっているって感じだねぇ…

 前作の主人公は開始後、たった 5分で 3人を残して部隊が全滅して死んじゃうし…
今作の物語は、二枚目敵役の「ストームシャドー」と味方の「スネークアイズ」の関係がメインだったのかな ?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。