七夕はアリスへの労いの日

IMG_1127-001 今日は 7月 7日「七夕」の夜、小町が我が家にやってきて早くも丸々 3年が過ぎた事になる。
(…マジ、早いもんだねぇ〜 もう 4年齢と 2ヶ月。人で言うと 32歳、過ぎ…)
 多少の用心深さは残ってはいても、引き取った当初の頃、自分を取り巻く世の全てに敵意を向け「あらゆるモノを信用しない」ような憎んだ目も、寂しい目も、怯えた目も、もう何処にも無い。
 ここに至るまでの、先住犬であるアリス姐さんの気苦労を労ってやらなねばね… (^-^;)

 ってことで朝一番で綾の「ドッグラン・ジョイ」に行ってきました〜
 まぁ、趣旨はワンコへの「月に 1度の労い」って奴なんですけどね~

 アリスにとって 5年前に産み育てた子犬達の「旦那」に会えるってんで 2頭とも会うと喜ぶ。
 いくら看板犬でも「芝犬の雄」の場合では、仲良く遊べる犬が限られているから、飼い主さんも喜んでくれる。
 今日は先日まで雨が続いた後の、久々に晴れ渡った休日だから、洗濯やら色々な家事を済ませた 10時を回った頃に、ワラワラと多くのご家族がやって来て駐車場は満杯。あふれて敷地内の他の場所にまで停めていた。

IMG_1142 仲良く遊べる犬なら良いけれど、喧嘩をふっかけてくる犬に対して、アリスの場合は「売られた喧嘩は買う」主義のため、普段のおしとやかな様子しか知らない人は驚く。基本的には、自分から吠えたり唸ったりする事は無い。
 僕に言わせれば、アリスが吠えて威嚇している時は喧嘩するツモリは無く、本気で怒った場合には声もたてずにいきなり首に噛み付いて有無を言わせない「先手必勝」っていう犬なので一見静かな方が怖い。背中の毛がそそり立つ様子を注意して見ておく必要が有る。

 アリスにしてみれば、分別のある年頃なのに、いつまでも生意気な相手は言葉で言っても判らないから、お仕置きして判らせなければいけないと考えているフシが有る。
 実のところ、僕がアリスをそのように教育したって部分が確かにある。人から見たら「動物虐待」していると言われても仕方無い様な、体罰ありきの教育をしてきたのだから…

 僕自身、体罰の全てが悪い事だとは考えていない。相手が人間であっても同様だ。1度目の失敗は知らないのだから教えるのが当たり前。2度目の失敗は忘れている事も有る。仕方無いから注意する。3度目の失敗であれば、叱りはするがフォローもする。しかし、それ以上も失敗を繰り返せば、何も言わないが、失敗の責任は本人にとってもらい手助けは一切しない。それが僕の、新人指導のやり方だった。
 犬の場合であれば、3度目以降も失敗する。何度も失敗を繰り返すから、叩いて、身体に痛みとして理解させる方法を取っていた。現行犯であれ、そうでなくても、犬は失敗している事を理解して怒られる事を恐れて隠れている。それを見つけ出して叱り飛ばすのは、こちら側の一貫した行動の一つであり、犬には、どんなに逃げ隠れても「失敗すれば必ず怒られる」と理解させる必要が有ると考えていた。

IMG_1160 小町は、この 3年の間に、普段ならば大人しく、安心して見ていられる、信頼できる犬に育ってくれた。
 相手が人間の子供であれば、何をされても怒らないし、唸らない。だだし 9歳未満の子供に限る。それ以上の子供がふざけて悪戯をすれが、唸って威嚇し、注意する。
 そういった意味では、子供でも精神的に自分よりも上であると判断した相手には、きちんと「嫌だ」「不快だ」という意思表示をしてるように見える。

IMG_1162 それでも判らない子供が相手であれば、争わずにその場から立って逃げるが勝ちと判っている。以前は、子供の手を咬む真似をしたりして威嚇していたので、最近は、万が一にでも人を傷つける様な行動はしなくなった。
 引き取った時の不信感を露わにした目から、本当に優しい大らかな目になった。そのほとんど全ては、一緒に住んでいる先住犬、鷹揚な性格のアリスのお陰である。
 今でも、小町は、良きに付け悪しきに付け、何かとアリスの真似をする。

 アリスがもっと齢をとり、いつか 2頭の立場が逆転する日が来るのかもしれないけど…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。