DELLから再び面白いプロジェクターが出た

M900HD 2

 しかも、今度のは、本体標準で「無線」接続できるって事が主な売り文句。
 Dellのモバイルプロジェクター M900 HDって奴。こりゃあいいな。

 以前に興味を持った機種の後継機種ってわけではないけれど、本体内に ACアダプターを内蔵したから、約 1.6kgと少々重くなったけれど、持ち物が少なくなるのは良いよね。

 詳しいことは DELLのサイトで確認してもらうとして、目を引く所では LED光源は 900ルーメンで、約 30,000時間の長寿命。当然ながら、ほぼメンテフリー。
 騒音レベルは、いずれの場合にしても 40dB以下。目安といては市内の深夜、図書館、静かな昼間の住宅内よりは静かだけど、郊外の深夜。ささやき声よりも大きい程度。映画を見るには、ほんの少しだけ気になるかもしれない。

001 気になるお値段は 89,800円。DELLの直販価格だから、残念ながらコレ以下には安くはならないだろうな。
 画面解像度は 1280× 800で 16:10の HD規格。無線で動画と音声を同時に飛ばせるらしい。
 垂直方向の台形歪は ±40度の範囲内であれば、自動的に補正してくれる。左右の歪と壁色補正は、残念ながら機能が無い。白い壁かスクリーン正面で使用する必要がある。
「ワイヤレスディスプレイ」って規格がどういったものかは知らないけれど、一応、Windows, Mac OS X, iOS, Androidのそれぞれの機種とワイヤレス接続できると謳っている。

 その上で、有線では HDMI 1.3と USB、音声は 3Wモノラルを内蔵しているけれど、ステレオミニジャックを用意してるから外部スピーカーを用意して、音声はそちらから出したほうがいいだろうってことか。

M900HD

 内蔵メモリに 2Gのフラッシュメモリと標準サイズの SDカードスロットと USBスロットがあるから、パソコンやタブレットが無くても SDカードや USBメモリに保存した画像や動画のメディアを再生することができ、さらに pdfファイルと MS Officeビューワー機能を内蔵しているとのこと。

 仕様書には明確に書いてはいないけれど、一応 32Gまでの SDカードに対応しているって記載しているから SDHCにまでは対応してるってことだと思う。ファイルの移動やコピーもできるらしいが、リモコンで操作するのは何となく面倒そうだな。
 ちょっと長さが判らないから何とも言えないけれど、ケーブルに USB A-Aケーブルを標準添付してるから、必要とあらば USBディスプレイとしても使えるようだ。その際に、パソコンから外部ストレージとしても見えるなら、少しはファイルコピーは楽になるんかもしれない。

 本体下部に三脚用の穴があるのかどうかは確認できなかったから判らない。

 これなら旅先で、その日にデジカメで撮った SDカードの内容を直接、大きな画面で皆で見れるっていうのが良いよね。

広告

One Response to DELLから再び面白いプロジェクターが出た

  1. ピンバック: SONYじゃなかったら絶対に予約してる… | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。