オッサンだったら犬と暮らそう(その 1)

DSC_2654 オッサン、特に「独り者のおっさんほど犬を飼った方が良いよ〜 ♪」っていうのが今回の趣旨。言い換えれば「もし貴方が中年男性で独り身だったなら、今から先は犬と共に過ごした方が良い事があるかもしれませんよ」ってこと。なお、ココで話題にしているオッサン = 中年男性とは 31~59歳代の男性のこと。( 31歳以上 60歳未満)
 これは日本の片田舎に住む独りモンのオッサンが、叶うなら「こうなって欲しいなぁ」って夢見た一つの物語。

 今、国内で溢れているであろう独身中年男性の内 1/8の人だけでも、各地方自治体で殺処分されかかっている明日をも知れない犬を引き取って一緒に暮らしてくれたなら、ちまたを賑わすニュースの様に殺伐としてないで、もっと優しさに満ち溢れているのではないだろうかって想像するだけでも、少し嬉しくなってくるじゃないですか。

 元々、僕を含む中年世代は、若い時から散々「結婚できない」とか「男性は余ってる」と言われて続けてきたし、バツ 1の我が身を冷静に振り返ってみて「結婚」なんてものに、今更「淡い幻想」も「甘い期待」もしていないし、これから愛してもない「赤の他人」と暮らすなんて普通に考えて見ても「面倒くさい」だけでしょ ?
 まっ実際、勢いだけで結婚した 2人の男女間の愛なんてものは 2年もあれば影も形もなくなってしまう。だけど、何の根拠も無いけれど「独り身のおっちゃん」ほど「犬を飼う」と「良いことが在る」って事なんだ。

 具体的に「独り身のおっちゃん」に、どのような変化が在るかってことなんだけど、勿論これらは個々人によって結果は様々に異なるだろうけれど、僕の主観で言えば以下の通り。かな。

中年独身男性が犬を飼う事に依って得られるであろうメリット。

  • 今より、暮らしが賑やかになる。
  • 今より、優しくなれる。
  • 今より、注意深くなれる。
  • 今より、健康に留意するようになる。
  • 今より、付き合いの輪が広くなる。
  • 今より、信頼関係を築くのが楽になる。
  • 今より、他者とのコミニュケーションが楽になる。
  • 今より、季節を肌で感じられるようになる。
  • 今より、休日は外に出かけるようになる。
  • 今より、無駄使いが減るかもしれない。

 大体、以上の事が言えるかと思う。その結果、今よりも素直に幸せを感じられる心になって、別に今の暮らし向きが大きく変わるわけでも無いのに、ちょっとしたことでも幸せを感じられる様になれるんじゃないだろうか。
 其々について僕自身が得られた具体的な例を述べると、ちょっとばかり長くなりそうなんで何回かに分けて、それぞれの理由を具体的に語ろうと思う。

 ただ、あくまでも僕個人の「独断と偏見」だし、サンプルは僕自身だけだし、最初から断っておくけれど何の根拠もないんで、仮に幸せになれなかったとしても僕からは何にも保証はしませんし責任も取りませんが… (^-^;)

4 Responses to オッサンだったら犬と暮らそう(その 1)

  1. ピンバック: オッサンだったら犬と暮らそう(その 2) | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: オッサンだったら犬と暮らそう(その 4) | 僕と犬とMacと

  3. ピンバック: オッサンだったら犬と暮らそう(その 5) | 僕と犬とMacと

  4. ピンバック: オッサンだったら犬と暮らそう(その 6) | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。