今回もパスかなぁ…

iphone5s-5c 昨夜っていうか今朝っていうか深夜、今年も新しい iPhoneが発表された。既に流出していた情報から特に変わることもなく iPhone 5sと iPhone 5cの 2機種。ちょうど iPodが iPod miniとして多色展開したのに似ている。
 これにより iPhone 5は市場から消滅し、下位機種として残ったのは iPhone 4Sということになったらしい。

 ひと通り web上の日本語で書かれた情報に目を通したけれど、とりあえず今回も、僕はパスってことで、今しばらくの間は iPod touchで行くことにしよう。今のところ宮崎の片田舎じゃ一番の目玉である「高速通信」のメリットを受益できそうもないからってだけなんだけど、さ。
 今回 2機種から選べるようになった。特にパステルカラーで揃っている iPhone5cの方は、高校生とかの学生には人気になるんじゃなかろうか。今までのギーク達には iPhone5sに「指紋認証」機能を付けて iPhone5よりも、ちょっとだけ多機能・高級にして見せて、ちゃんと彼らの興味を失わせないやり方。

 前機種から微妙に色も変えて、女性用と男性用ってわけでもないだろうけれど、それぞれの好みに合致するようにしている。そろそろ、みんながみんな同じ iPhoneを持つことに飽き始めていたから、ここで多機種・多色展開することは、まぁ理にかなっているわな。
 もっとも、日本国内では NTT docomoが、とうとう iPhoneの取り扱いを決めたってことの方がニュースだったのかもしれない。コレまで何度も取りざたされて、いい加減「オオカミ少年」になりかけていた「日経」も、今回は、なんとかギリギリで面子を保てたかもしれないね。

 以前に比べて流失情報があまりに多く、以前のようなワクワク・ドキドキ感が無くなっているのは事実。これでは秘密裏に、中国で新製品など作ることなど出来ないだろうね。日本企業では当然の事と考えられている「守秘義務」なんて彼らにしてみれば知ったこっちゃなく、そんなものを守るほうが馬鹿なんでしょう。
 ここらへん日本の昔気質で、田舎者のオッチャンである僕には理解できないけれど、最近のニュースを賑わしている目立つことだけを生きがいにしている一部の「バカッター」と呼ばれている輩には、至極当然で当たり前に普通の事として認識できることなんだろうな。

 彼らは「個性」と「目立つ」という事を、混同して同一視しているからなんだろうけれど、その違いをきちんと教える大人が居なかったってことが、今の彼らの不幸なんだろうね。刹那的な一時の満足が得られれば良いという考え方だろうし。
 この「今が良ければ良い」という風潮に取り囲まれているから、仕方ないのかもしれないが、それを仕方ないと一言で済ませてしまう僕自身も、現状の片棒を担いでいると言われてしまうのかもしれないけれど。

 そんな、どうでも良いことよりも、僕にとっては今回も iPod Classicが、そのまま残っててくれて良かったぁって事のほうが重要かもしれない。僕の iPodは Classicと付く前の第 5世代の 60G HDD内蔵型 (iPod with video) 。今のところバッテリーは 12時間以上も持つ (さすがに 20時間は無理だけど) から、バッテリー交換サービスの対象になれないんだよな。
 だけど 2005年に購入した製品だから既に 8年は経っている。でも、何時になったら買い直せるんだろう。ちゃんと使える間は、未だ買い直す必要性は無いわけだし…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。