撮影。 50分間で約 650枚。

DSC_6711
 先週、今年も台風が近づいている中、オートポリスでの Super GTレースの観戦となった。まず、土曜日の予選は悪天候 (視界不良) の為に中止。マトモに車も走らないレース場で、ただ時間が過ぎるのを待っていただけっていう感じがしないでもない。
 それにしてもメインゲート入場時から雨降りってのは、今回が初めてだったような気がする。ほんの時々、ごくタマに小雨になった時にイベント会場を少しだけウロウロ出来ただけで、ほとんどの時間は 2頭の犬と車の中でじっとしていただけだった。

 幸い日曜日になったら雨も止み、視界不良が解除されたんでレースは午前中に 300クラスと 500クラス、それぞれ 25分づつの一発勝負の予選が開催された。そして、午後からは定刻通りに決勝レースが開催された。
 今年も、最後の最後で逆転劇になるなど、波乱に満ちたレース展開となった感じがする。

 折角持って行った一眼レフカメラ。予選レースの 50分間だけでも活躍の場があったので良しとしよう。もっとも年間を通して望遠レンズを使うのはレース場でだけ。よくよくレンズを見てみれば、何時もカメラバッグの中でキャップをはめたままで置いているためか、レンズ内部に数カ所の曇り。おまけに 1カ所カビまでもが発生していて、既に手遅れの状態だった。
 それに何度も清掃しても CCDに発生したシミはみたいな影は取れない様子。全ての画像内に発生している数カ所の影は、もはや手の施しようがない。これじゃ、いくら 1眼レフを持っていたとしても宝の持ち腐れである。ってか、既に腐ってしまっているのかな。D80は購入して、まだ 7年。とてもぢゃないが、元は取れていないよなぁ。まぁ、それでもコンデジに比べれば、まだマシな方か…

 こうなってくると次期購入予定のデジカメを、どうするか考えものだ。こんな調子では 1眼レフは持つのを止めて、胸ポケットに入れて手軽に持ち運びができる小型軽量の製品か、高倍率ズームレンズ搭載のコンデジにするか、どうか、である。
 もっとも、マニュアル撮影が可能なカメラであれば、特に一眼レフカメラにこだわる必要は無い。今までの利用法であれば、ネオ一眼と呼ばれるジャンルの製品でも良いかなって思ったりもする。

 午前中に行われた予選は 50分間。その間に撮影した枚数は 672枚。用意した 8GのSDカードに全て RAWで保存したら 650枚の予定だったのが、それでも、まだ残り 170枚ほどは撮影できた事になっている。ってことは、実際にはもっと多く 800枚程度は撮影できた様な気がする。これ連写の設定は無し、つまり全て 1回づつシャッターを切ったわけだから平均で 4.5秒に 1回の割合やね。
 今回は、手ブレや被写体ブレ、ピンぼけに露光ミスを除けた後、使えそうな画像は半分以下の 300枚程度。もう少し厳しく選別したならば、もっと少なく 200枚程度か。それでも以前に比べたら使える画像が多い。

 昨年までの撮影情報を元に、シャッタースピードを 1/60から 1/125に上げ、焦点距離もあまり望遠側に欲張らず 200mm付近で撮影したので、思っていた以上に流し撮りで車が上手く止まった画像が撮れている様な気がする。
 ちなみに、今日のタイトル画像は実は失敗した分。画面に収まらないで車の後ろが欠けてしまったが、被写体のブレ加減もスピード感を表現しているように感じたので、これはコレでアリだよなって思ったんで使用した。

 実際レース車両が、かっちり止まっている写真は 50枚も無いと思う。残り 150枚は上記の写真みたいに、ほんのわずかだけど被写体がブレている感じだ。もっとも昨年までは、ちゃんと止まった写真は全く無いと言って良いほどだったんだから、それに比べれば大した進歩である。
 今年は最終コーナ前スタンド席の脇にある芝生席で撮影してみたのだけれど、実際には思っていた以上に良い撮影ポイントだったと思う。一脚は使用せず、手持ちで自身の腰を捻りながらの流し撮りをする際に、目の前をイイカンジで車が通りすぎる。タイミング的にも撮影し易かったんだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。