小改良版 D610が出た

nikon-D610
 昨年の秋に発売された Nikon D600に早くも後継機種の D610が出た。そうは言っても、あまり変わったところはない。目立ったところでは、連写がほんの少し速くなったって所かな。他には「静音モード」とかいうのが追加されているとのこと。これまでも、あまり音がウルサイと感じたことは無かったのだが、確かにシャッター音は小さいに越したことはないでしょうね。
 でも、どうしてこれまでの命名規則に従って D600sというネーミングにしなかったのかは疑問ですが…

 この製品、フルサイズセンサーや画像処理エンジン、AFセンサーなど主要部品はD600と同様。しかし D600からオートホワイトバランス(AWB)の精度が向上しており、「青空」「人工光下」では色かぶりを低減することでより見たままに近い、自然な色彩となる。とか言ってるけど、そんなものファームウェアを更新すれば D600でも同じになるでしょうに。
 その程度の事をわざわざ強調する所に、なんか「あざとい」と感じてしまうは、僕が捻くれているからか。それとも、その程度のことでも強調しなければならないほど D600と D610との間には変更箇所が無いからなのか。
 
 ネット上を、他にも情報が無いかを詳しく調べていたら、確かにセンサーサイズはフルサイズで解像度も変わらないけれど、実際には改良されて D600とは違ったものが付けられているとのこと。なので、あるいはファームウェアでは対応出来ないのかもしれない。もしかしたら主要中心部品でもあるセンサーを変更しているから D600sでは無く D610になったのかも知れないね。
 改良点でもある連写性能に魅力を感じないのであれば、今後、値崩が予想される D600の方に触手が伸びる人が多くなるかもしれないね。

【D610と、D600の比較】
機種名 D610 D600
イメージセンサー FXフォーマット(35mmフルサイズ)
有効約2426万画素
FXフォーマット(35mmフルサイズ)
有効約2426万画素
マウント ニコン Fマウント
ファインダー ペンタプリズム
視野率100% 倍率0.7倍
ペンタプリズム
視野率100% 倍率0.7倍
ISO感度 ISO100-6400
(拡張でISO50-25600)
ISO100-6400
(拡張でISO50-25600)
シャッタースピード 30-1/4000秒
(シンクロ同期は1/200秒以下)
30-1/4000秒
(シンクロ同期は1/200秒以下)
液晶モニター 3.2型92万ドット 3.2型92万ドット
連写速度 6コマ/秒
14bitRAWで連続14コマ
5.5コマ/秒
14bitRAWで連続16コマ
動画撮影 1920×1080 (30p)
バッテリー EN-EL15 EN-EL15
サイズ (W x H x D) 141×113×82mm 141×113×82mm
重さ 850g/760g 850g/760g

 取り回しの楽な小さなコンデジが良いのか、ファインダー装備の一眼レフが良いのか。傍から見れば懐古趣味的かもしれない自分自身の使い方からしたら一眼レフの方が使いやすいけれど、年間を通して、めったに使わないカメラに、そうそう大枚をはたけない。
 あるいはネオ一眼と呼ばれる、高倍率ズームレンズを装備したコンデジが良いのだろうか。発売日から時間が過ぎて値段がこなれて来たら、当初の半額に下がり 3万円程度で購入できるから魅力的ではあるのだけれど。

 確かに一眼レフだけを持ち歩けば良いじゃないかという、もっともな意見もあるんだが、いかんせん「重く」て「かさ張る」のがネックなんだよね。
 ただ、今みたいにプロでも無いのに、一眼レフとコンデジを使い分けるより、手軽な 1機種に絞って、それを持ち歩くほうが、元が取れるとは思うんだけどね。それでもファインダーを覗きこんで撮影する昔ながらのスタイルが、自分は一番好きなんだよなぁ…

広告

One Response to 小改良版 D610が出た

  1. ピンバック: ちょっとワクワク | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。