小町のヒートが始まった

IMG_1778
 どうやら今朝から小町のヒートが始まった様子。結局、前回のヒートから計算した予定日からは約 7週間の遅れとなる。今日から 2週間後に排卵、そしての来月初旬 1週間が受精可能な期間となる。仮に今回、妊娠したとすると、出産予定日は 2月の立春の頃、子育て期間は 3月末の彼岸過ぎから 4月上旬までとなる筈だ。

 しかしながら、我家の近辺では小町の旦那さんになってくれそうな交配可能な「秋田犬の雄」は現れそうにない。以前、通りすがりに我家に寄った新富町に住んでいる「 1歳上の雄を飼っている」という方とは、その後の半年間、一度も連絡が無い。名前も連絡先も判らないから、もはや縁がなかったものと諦めよう。
 この調子だと、残念ながら今回も小町の子犬には出会えそうにも無い。血統書なんかどうでも良いけれど、純国産犬で、小柄であまり大きくなりそうも無い秋田犬。しかも、大人しい小町の子犬なら欲しいと言ってくれていた 2名程の方には諦めてもらうことにしよう。

 前回のヒートが終った後にも散々悩んだけれど、結局、小町の避妊手術はしないことにした。一番の理由には、懇意にしていた獣医さんが病院を閉めて往診専用になってしまったのもあるが、別の理由に 5歳過ぎても出産経験の無かった秋田犬の場合、身体が中性化してしまい例え交尾しても受精しなくなるとの資料を目にしたからだ。
 一応、学術的な根拠が有る訳ではないとの断り文があったけれど、秋田犬を主に繁殖させている先人の言う事であれば、数多くの経験的な事例や豊富な知識を有しているだろうから、あながち間違いだとは言いきれまい。仮にそうであれば、今更、小町の身体にメスを入れるのもはばかれると言うものである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。