さ、寒…

IMG_1783
 夕べ、家の中のあまりの寒さに我慢出来ずに、とうとうストーブを点けた。アリスと小町も、夕方暗くなってから家の中に入れた。これから夜の散歩は春まで休止である。
 アリスは家の中に入ると、早速ストーブの脇に来て居場所が無いと文句を言う。あわててアリス専用の毛布を敷くと、直ぐにその場で横になる。小町は暑いのが苦手なのでストーブから遠くで横になる。

 これから約 4ヶ月後の 3月中旬まで、我家は対流式の石油ストーブのお世話になる。ヤカンに水を入れておけば加湿器は不要、インフルエンザ予防にもなる。春まで湯に困る事も無い。対流式と言う古典的な構造のため、部屋全体が暖かくなるまでは時間がかかるのだが、一旦暖かくなれば廊下や二階等も含めて家全体が暖かくなる。
 ほとんど気密性の無い築 30年をとうに過ぎた古い木造家屋にとっては有り難い話である。エアコンであればこうは行かない。その代わりに通勤していた頃、寒い日の朝は全く役には立たなかったのだが…

 富士市に住んでいた頃に購入してから、早 20年。単純な構造が功を奏しているのか何度か芯を交換しながらも、今だに壊れもしないので使い続けている。有り難いことである。一時期、新規に購入しようにもメーカーのカタログには業務用みたいな大き過ぎる品はあっても家庭用に使える同等の製品は記載が無い時期があった。しかし、最近は復活して来た様で、今年のカタログには同等品が載っていた。
 おそらくエアコンや石油ファンヒーター等に取って代わられ、近年は市場で見かけなくなってしまっていたのだろうが、先の震災や電気事情により再び石油ストーブの需要が出て来たのかもしれない。利便性だけを追い求めた結果、市場から駆逐されかけていたが、それも消費者自身が望んだ事なのだから一概にメーカだけを責める訳にも行かないだろう。

 とにかく僕自身にとっては、同等品が復活してくれたお陰で、今後暫くの間は新製品として購入出来る可能性が残っているだけでも有り難い話である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。