今年も買っちゃった…

 今年も「ステレオ 2014年1月号」の付録に釣られて買ってしまった。僕的には去年の付録はガッカリだったけど、今年の付録は一昨年前の付録から改良した製品ということで、ちょっと期待していたんだ。
IMG_2010
 一昨年の様に、宮崎市内の書店では手に入らないかもしれないから今年もネットで予約した。改良した分なのかは分らないが、値段が 1,000円ほど値上がりしていたのが、ちょっとアレだったけれどけど、自分で部品を揃えて組み立てる事を考えたら仕方無いかぁ…

 結局、年末はナンダカンダで色々と所用で忙しく、正月休みに実家で遊ぶつもりで残していたら、持って帰るのを忘れていたという、なんともお間抜けな話。この 3連休中に遊ぶ物が出来て逆に都合が良かったとも言えるのかな。
 はたして実際に 2台を聴き比べて、僕の耳で本当に違いが判るのかどうかは大いに疑問ではあったのだが、とりあえずやってみる事にした。

IMG_2021 雑誌で言う様に本当に「値段以上に違う音がする」のか、それとも違いも判らない程、自分自身の耳が当てにならないかを試してみるには、ちょうど良い機会だろう。
 ザッと見た感じでは基板の色が違うだけで、さほど変わらない。部品の配置は変わらないが、端子が金メッキになって、後はコンデンサの色が少々カラフルになっている程度だ。同じ回路なんだから当たり前かもしれないが、僕ら普通の人にとって違いなんて無いに等しい。

 片や 2年間、時々ではあるが定期的に音を出していた 1号機。片や先日、箱から出したばかりの 3号機。当然、エージングも満足に出来てもいないのを同じ土俵で比べるのは「あまりにもナンなんじゃないか」って思わないでもないけれど、これまでの実績から行くと僕にはエージングする前と、した後の両方の違いも大して判らないと思う。
 で、実際に聴き比べてみた。同じスピーカーと、同じ iPadである。同じコードをつなぎ変えながら実験してみた。

IMG_2034 正直に言う。やっぱり僕には、新しい方が多少音が大きく出せるだけで、細かな違いなんか何にも判らなかった。
 実際、基板のパターンが直線的だろうが曲線でRを描いていようが、金メッキだろうが、コンデンサが高価な物だろうが、違いが全く判らない。生活雑音の方が大きすぎるのだろうか。同じ程度に出している音では、違っている事すら判らない。
 だいたい細かなニュアンスなんて、普通に聴いてて判る物なんだろうか。

 あるいは、ちゃんとしたリスニングルームじゃないと判らない物なんじゃないだろうか。高価なスピーカーでなければ判らない物なんだろうか。他の記事を読む限り、おそらく、きっとそうなんだろう。
 貧乏人に細かな音の違いを云々を語る資格は無いってことなんだろうなぁ…

 まぁ、また 1台、格安で(?)で、デジタルアンプが手に入ったんだから、それだけでも吉とするさ。2年前のでは手持ちのスピーカーをならしても音圧不足で物足りなかったんだ。出力が 5W+5Wから 12W+12Wに倍以上になっただけでも大した物だ。
 僕には細かなニュアンスの違いなど判らないけれど、少なくとも音が大きくなったのだけは判る。そして、それが一番欲しかった物なんだから、それだけで十分なんです、な。

 今後、気が向いたら再び聴き比べたりするかもしれないけれど、田舎であるが故に改造することは無し。わざわざ部品を通販で手配する気はないから。

広告

3 Responses to 今年も買っちゃった…

  1. ピンバック: 多分買わないと思う。けど… | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: Bluetoothオーディオレシーバー | 僕と犬とMacと

  3. ピンバック: 車載用スピーカーを駆動 (その2) | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。