少し使い易くなった?

 一昨年の品から改良され、それに伴って価格も上がってしまった、掌に乗る小ちゃな「USB-DAC搭載デジタル・パワーアンプを手に入れた。
01171424_52d8be8fbeab3
 昨年のはヘッドフォンアンプだったんで僕には使い道が無かったけど、今年はスピーカーを駆動するアンプが復活してくれたんで嬉しい。前回、できれば 2台欲しかったけど、近所の本屋さんでは入荷さえしなかったんだもの。
 今回、使い勝手の良くなったという改良品が手に入ったのだから、素直に喜ぶべきなんだろうね。

IMG_2243 ネット上では発売ギリギリまで Amazonからも楽天からも、全く予約が出来なくって弱っていた。やってても送料が別にかかるところしか受け付けてくれない。
 昨年も宮崎市内の書店では取り扱ってもいない書籍に、どうしようかと悩んだけれど駄目元で発売日 1週間前に書店にお願いしてみたら、ちゃんと今回は手配してくれた。電話担当した人が慣れてなかったみたいで手間取ってて、電話口で長いこと待たされはしたけど…
 全国発売日 26日を過ぎても書店から一向に入荷したとの連絡が来なかったんで焦ったけれど、単に宮崎での発売日が遅れてて 28日だったというだけで、ちゃんと 1冊は取り置きしててくれた。余分はなかったけどね。
 実を言うと、気軽に自転車で行ける様な近所に本屋さんは 1店舗も無くなってしまったので遠く 10kmも先のにある本屋さんまで出かけないと行けないのは、と〜っても面倒なんだけど。まぁ仕方無いわなぁ…

 改良された点は、本体で音量調節が出来る様になった事。去年のヘッドアンプに付いていた機能を、一昨年のアンプに追加したらしい。基本的な回路自身は変わっていないらしいけれど全体的にコンデンサ類が変更されていた。
 目立った所は、でっかいコンデンサが、さらに大きくなった事と、スピーカー端子の前に付いている 4つの四角い茶色い部品が一回り小さくなっていた事。そして水晶発信素子が無くなっていた事。そんな感じかな。

 一昨年のアンプから入れ替えてみて、普通に聞いた感じでは特性が大きく変わった感じは全くしない。音量を上げた時にノイズが乗る限界が高くなったかな。その分、より大きな音で楽しめる様になった感じがする。もっとも普段使いする分には音が大き過ぎても煩いだけだから、ノイズが乗るまで音量を上げて使わないけれどね。
 それで値段は 1,500円ほど値上がりしている。なんだかなぁって思わなくも無いけれど、宮崎みたいな田舎に住んでて自分で部品を買って自作する事を考えたら仕方無いと諦めるしか無い…

 さて古い方は、当初の目的通り 100円ショップのケースに入れて MacBook Proと共に持ち歩き専用にするコトにしよう。これらのデジタルアンプは USBバスパワーなので外部電源が不要。それで 10W+10Wの出力を得られている。
 だからパソコンとスピーカーさえ持ち歩けば、これまでよりも気軽に大きな音で、そして少し良い音で聴けるのが好いよね。僕ってヘッドフォンが大の苦手だからさ… (^-^)/

広告

4 Responses to 少し使い易くなった?

  1. ピンバック: 多分買わないと思う。けど… | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: 予約を入れてしまった… | 僕と犬とMacと

  3. ピンバック: 互換バッテリー購入 | 僕と犬とMacと

  4. ピンバック: 車載用スピーカーを駆動 (その3) | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。