ウィンター・ソルジャー

 先週 4月 19日に公開になったばかりの「キャップテン★アメリカ/ウィンター・ソルジャー」を観てきました。
下記の文章中には、若干ネタバレを含んでいる危険性がありますので閲覧の際は自己責任でお願いします。m(_ _)m
cap2_banner 毎週火曜日は「映画の日」ならぬ「ふたりの日」とかで、とにかく 2名いれば割引が受けられる日なんだそうな。今月の頭からの消費税増税に伴い、様々な生活必需品の値段が上がっているので、割引が使えるなら出来るだけ活用しなくちゃ、ね。(^-^;)

 観に行ったのは火曜日だから 4月 22日。実はこの日に限って午前中から夕方まで客先で作業するため外出していたの。家に戻って、前日から雨降りのため家の中で大人しく留守番している 2ワンコの散歩をすませ、そのままスーツを着替えもせずに映画館に直行したらば、映画館の前で待ち合わせをしてた友人に「今日はどうしたん?」驚かれてしまいましたよ。
 友人曰く「スーツ見たの、もしかしたら会社に在籍してたとき以来だから 12年振りかも? 」だって…(^-^;)

 滅多に出歩く事も無く、主に自宅内で作業してりゃ通常は私服だもんねぇ、会社勤めしてた頃に比べたら、そりゃスーツを着る機会は大幅に少ないわなぁ。
 でも、こんな僕でも外出先で作業する際には相手方に失礼の無い様、無難にスーツに着替えて出かけるモノさ。本音を言えば作業着の方が汚れても支障がないから気が楽なんだけどね。(^-^;)

bw03 僕の場合は変装って訳じゃ無いんだけど、この方は役柄上変装の名人と言われてる「ブラック・ウィドウ」
 だけど僕ってアホだもんだからの、彼女の髪型がちょっと変わっただけで、もう同じ人だと判んなくなっちゃったんですよ。
bw02 濡れた髪を乾かすシーンを観て、やっと同じ人だったって判ったんですけど、途中まで女優さんが交代しちゃったのかなって、マジで思っていましたもん…
 まぁ子供の頃「実の姉が髪を切っただけで誰か判らなくなった」程なんですから無理もないですけどね。
ほんとバカですね〜

 彼女が出てるからか、物語は前作からの続きって言うより、どっちかってぇと「アベンジャーズ」からの続きって感じの方が強いって感じがしてたんですよね。
 アイアンマンとかもそうだけど彼女だけ色んな映画に出てる様な気がするし、世界観を共有する橋渡しをする程度の役所なのかなって思っていたら、今回は最初から最後まで彼女の方が主人公って感じだった。

 前作は第ニ次世界大戦の話だし、北極海の氷の下で 70年も眠っていたんだから、まともに続く筈はないって思ってたんだけど、しっかり続きの物語でしたね。もう、途中から訳が判らなくなっていましたけど…
 前作で壊滅したはずの敵が、実は味方のふりして組織内に入り込み、いつの間にか味方と思っていた組織が全て敵になってしまっていた、っていう筋書きでした。 

kafa10 それでも一応、前作で主人公の親友「パッキー」が敵として出てくる。僕には、こちらの方も同一人物とは思えなかったんですけど…
 大体、主人公であるキャップテン★アメリカが氷付けになりながら生きていたのは、彼だけがソルジャー計画によって血清を打たれ、常人と異なっていたからだって事で無理やりでも説明がつくけど…
winter じゃ、なんで一般人であるはずの彼が 70年後に洗脳された暗殺者としてキャップテン★アメリカの敵として出てくるんだ?
 だいたい前作で、敵地に侵入する前に狙撃されて谷底へ転落したはずなのに、なんで生きてるんだよって思わなくもないし、いくら洗脳された暗殺者になってるとしても、彼に匹敵する超人になってること事態が変じゃね?

 えっと一体どっちが先なんだ。もしかして超人になってから洗脳されたの? 前作でキャップテン★アメリカが、北極海に墜落して死んだとされて、その後からだとしたら、じゃあ一体、誰がソルジャー血清の作り方を知っていたんだよ。どう考えてみてみても、やっぱ変でしょ?
 なんか釈然としないなぁ… そんな感じで途中から、なんかモヤモヤした気持ちで観てたんだけどね…

 大まかな話としては、一部分マイノリティー・リポートにも通じてる様な話で、途中で敵味方がひっくり返ってしまうのは浦島太郎状態の主人公としては誰も信じる事の出来ない孤立無援な状態なわけで、それでも序盤で出会った人が本当に有力な味方になってくれて良かったねぇ。う〜む。なんと都合の良い展開。これこそが御都合主義だ…  まぁ、元が漫画だから別に良いのか? (^-^;)
 前作からの流れから 70年も経ってれば、時代も考え方も色々と違っていまして。私生活の中までも色々な方からの忠告に従って、律儀に時代に追いつこうと一生懸命に孤軍奮闘する様を、さりげなくスマホが使えないからメモ帳に鉛筆で書き込んで、努力している結果は映画「ウォーゲーム」の台詞を、ちゃんと復唱できるとかで表現してて…
(色々と遊びのある細かい設定が多くて、気を抜くと置いてけぼりを喰らいそうで大変だったよ…)

 おそらく一番会いたかったであろう女性が 70年後でも生きてて本当に良かったねぇ… 仮に当時 20歳だったとしても 90歳になるんだから、きっとそれ以上の年齢なんだよね? 老け役をする女優さんも大変だぁ。
(1997年の映画タイタニックの最初と最後に出ていた女優さんに見えたのは、きっと僕の気のせいですよね?)

Captain_America_The_Winter_Soldier

 今回で折角苦労して作った組織したが壊滅してしまい、どうやって次回作のアベンジャーズ2に続けられるのか、余計な心配をしてしまっているのですが…

 ま、洗脳が解け、どうやら失った記憶を取り戻しかけている親友ベッキー君の謎も含め、映画の最後で新たな謎を沢山みせて、もう今直ぐにでも第 3作目を作る気が満々だということだけはわかりました。(^-^;)

広告

One Response to ウィンター・ソルジャー

  1. ピンバック: エイジ・オブ・ウルトロン | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。