使い物にならんと思うが…

 動作時間が、たった 10時間だなんて、こんなん飼犬が迷子になった時に役に立つはずがなかろう。
ペットフィット
 どうせ自宅内でしかマトモに使えないんであれば、愛犬の様子を Webカメラで見れる方が、なんぼかマシだろうと思うんだ。せめて 24時間、マトモに使えるには 48時間は無くっちゃ必要な時に役には立たないと思うけど。
 言い方悪いけど、きっと、こんなの一度も犬を飼ったことのない輩が、頭でっかちで考えたクズのような製品としか思えない。資源と電波の無駄使いにしかならんから、本気でこんなのを買う奴の気が知れないなぁ…

 犬が迷子になった時 GSPでどこに居るか探すってことは、おそらく想定しているのは散歩途中で迷子になった直後でしか役にたたないよね。自宅周辺で迷子になった場合でも、普通の犬なら帰巣本能があるんだけどねぇ。
 仮に迷子になった飼犬が、運良く自宅周辺にいれば探せると本気で思っているらしい。信頼関係がない状態で「おいで」も出来ない犬を、仮に見つかっても、どうやって捕まえる気でいるのだろう。それが不思議だが、そんな初期の頃にしか役に立ちそうにも無い。そもそも仔犬が自宅に帰れないほど遠くまで散歩する方が間違っているんだけども…

 外出先で、もしも迷子になったら? もしもパニックになった犬のリードを離した飼主の責任であろうけれど、暴走した犬が落ち着いた時、飼主を探してウロウロしているとでも考えているんだろうか?
 高速道路の SAや PAを飛び出した犬を、最大 10時間以内に GPSで探して保護することができると考えているんだったら、実にお目出度い連中だよねぇ。自宅を出てからの時間を差し引くと、最大でも 8時間の制限時間くらいにしかならんと思うけれど。

 毎日、きちんと自宅周辺を散歩している犬ならば、自宅を飛び出して迷子になった場合に、自力で帰ってくるのには最低でも 2日ほどかかる。なんにせよ電池など、とっくに切れている。
 どうしても迷子用に GPSを使いたいとしたら、痴呆の入ってしまった老犬が自宅周辺で迷子になった時くらいにしか使えないだろうねぇ。そんなになってしまった老犬を散歩でパニックになるって、どんなん何だ?
 その状態では、既に動物虐待の域に入ってるだろう。飼主と長い時間を過ごした老犬なら、大概の事には動じないからパニックにもならんし。

 だいたい犬のパニックって、初めて見た時や知らないものに出会った時に、ビックリした時に起こすもので、音だって、そうとう大きな音でも、経験済みの音ならパニックなどおこさない。近所でマンションを建てるのに響き渡った、杭を埋めるハンマーの音と振動でも平気で寝ていられる我が家の犬が特別とは思えない。
 経験済みなら大概の音じゃビビることはない。ビビるのは経験の浅い若い個体、それも 2歳未満の仔犬か幼犬だろうね。

 仔犬や幼犬の場合半年未満の場合は、自宅周辺でしか散歩の距離を伸ばせない。散歩中は、飼主の側から離れないのが普通だ。
 成犬を引き取った場合 1年未満なら、自宅周辺でも迷子になる可能性が高い。散歩中にパニックを起こして逃げ出したり、自宅から飛び出した場合が考えられる。そして、その場合に限り、この装置が使えるかもしれない。ただし、装着してから 10時間以内である必要があるのなら、散歩に出る直前に満充電済みを装着して、逃げ出したのに気が付いてから 8時間以内でなければ使えないんだけど…

 やっぱり、まともに使えるとは思えない、肝心な時に電池切れの可能性が高いんぢゃ持ってる意味なんてあるのか?
 コンなんより使い古しの USBメモリを首輪に縫い付けて置く方がナンボか実用的だと思うのだか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。