多分買わないと思う。けど…

 今年の 2月、雑誌 DiGi Fiに USB-DAC付きの D級パワーアンプが付録として付き、それを僕は本屋さんに予約し、 どうにかこうにか購入した経緯がある。
DiGi Fi そして次は 8月発売予定の 15号から来年 2月発売予定の 17号までの 3号連続の合同企画。読者から問い合わせの多かったハイレゾ再生に関する編集部からの回答という事らしい。今の所の情報はサイトによる告知だけ。

OLA-BT1 東和電子のメーカーサイトでも『 “Olasonic” 雑誌付録によりブランド戦略を強化』って内容で告知していた。
 僕はヘッドフォンアンプ搭載Bluetoothユニット「OLA-BT1」の事が知りたくてアクセスして、たまたま知ったんだけどね…

 8月発売予定の 15号に付く D/Dコンバータは、アナログから取り込んだ信号をデジタルに変換してくれる A/Dコンバータの機能もあるんだそうだ。
 これを使って、例えば昔に買った実家にあるレコードをデジタル変換して、ハイレゾ音源ファイルとしてパソコンに取り込むには良い方法かも、ね。
 欲しい気持ち半分、僕の性格的に、そんな面倒くさい事は実行しそうにも無い様な…

 大体、僕の持っている MacBook Proや iMacには LINE入力があるから取り込もうと思ったら何時でも取り込める。

 今の機種には無くなっちゃったけど、昔の Macには LINE入力端子があったの、さ。なのに、これまで一度も取込を実行しようともしなかったんだから、今さらコレを購入してまでやるとも思えない。
 こりゃ仮に、無事に手に入れたとしても宝の持ち腐れになっちゃう可能性が大、だな。買ったとしても使わないんだったら全く意味が無い気もするし…

DigiFi_17_MAIN 一方、僕が欲しいと思ったのは来年の 2月に発売予定の 17号についてくる D級パワーアンプ。 以前の付録から USB-DAC部分が無くなっただけと言えば、確かにそれまでなんだけど…
 仕様書によれば USBマイクロType Bから電源を取って 12W+12W(告知画像には 15W+15Wと記載)を絞り出していることになっている。
 これって USB対応のモバイルバッテリーさえ有れば、どこでも気軽に持ち出す事ができる D級パワーアンプって事になるよね。お気に入りのスピーカーを駆動できる?

 我家にあるステレオ誌の付録だった D級パワーアンプは、どれも専用 ACアダプターを必須としており ACコンセントが無い所で気軽にスピーカーを駆動できるモノではなかったんだ。
 この D級パワーアンプとモバイルバッテリーさえ使えば何処にでも気軽にスピーカーを持ち出して楽しむ事が出来るかも知れない。そう考えたら興味を持たない方が、おかしいでしょ? 雑誌価格が「未定」ってのが不安材料ではあるけど。ねぇ…

 それ以前に、来年の 2月発売ってことで、雑誌を予約するのを忘れている公算が大だな… (^-^;)

広告

4 Responses to 多分買わないと思う。けど…

  1. ピンバック: Bluetoothオーディオレシーバー | 僕と犬とMacと

  2. ピンバック: お買い得感、満載。(その3) | 僕と犬とMacと

  3. ピンバック: 予約を入れてしまった… | 僕と犬とMacと

  4. ピンバック: 今回も僕は「パス」で… | 僕と犬とMacと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。