飼犬にとって名前はご褒美

IMG_2213

褒める時と遊ぶ時だけ名前を呼ぼう。

愛犬家になろう(その2)

 我家の犬を観察してて体験的に判った事なんだけど、飼犬にとって名前「自身を他と明確に区別する個別の声符」で呼ばれる事は、ある意味「飼主からの褒美」と同じ価値が有るらしい。
 どうやら飼犬の側からすると飼主から「他と区別して自分だけが呼ばれた」ということは、その瞬間だけは飼主の注目、すなわち「飼主の愛情を独り占めしている」と考えているフシがあるのだ。

 そう考えてみれば、もし飼犬が悪戯した時、失敗した時、して欲しくないことをされた時に、叱る際には決して名前を呼ばない方が、後々色々な意味で都合が良いように感じる。
 だから名前を呼ぶのは、飼犬が良い子でいる時と遊ぶ時にだけした方が良い様な気がする。

 これまで僕なんか腹を立てるとつい怒鳴りながら犬の名前を呼んでしまい「あちゃ、失敗した !!」って直ぐに反省する事もあるけど、しょっちゅう手遅れに成って気がついたりする。
 名前を呼ぶと飼犬が割と直ぐに近くまで寄ってくるんだけど、途中で立ち止まってそこから近づかなくなる時など「そういえば先日、怒った時に名前を呼んだなぁ…」って、あまりに沢山の心当たりがありすぎて…

 人の子供と違って、言葉が通じないから後からフォローするのって、とっても大変なんだ。これから犬を飼う人は、ぜひとも「腹を立てた時は、決して飼犬の名前を呼ばない」様に気をつけて欲しい。
 もし「カッ」となっても直ぐに赦して、できるだけ噛んで含めて言い聞かせる様に叱る事を心がけて、なるだけ気をつけているんだけど、これがなかなか…

 さすがにアリスの様に 9年、小町の様に 5年とも経てば、飼犬が悪さをして自分が腹を立てる事も、ほとんど起きない。逆に、あまりにも大人しくて良い子で居てくれるから褒めるのを忘れる程。
 それはそれで後々困るので、褒めなくちゃいけない時は、ちゃんと愛犬を褒めてあげなくっちゃいけないんだけどね。

 失敗して、その都度とっても後悔してる僕からの、心からの忠告です。σ ^-^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。